採用案内

ホーム > 採用案内 > 後期研修医(レジデント募集) > 外科系後期研修プログラム

外科系後期研修プログラム

  1. 日本外科学会外科専門医取得のためのプログラムである。
  2. 修練期間初期臨床研修を修了した外科専門医取得を希望する医師を対象とし、3 年間を修練期間とする。
  3. 修練カリキュラム日本外科学会外科専門医修練カリキュラムに従い、以下のスケジュールで外科専門医の取得を目指す。外科専門医受験資格:外科専門医制度修練施設(指定施設)において、初期臨床研修期間を含んで「通算5 年」以上臨床経験を経た段階で受験資格を得ることとなり、専門医取得を目指す。
  4. 修練概要診療経験外科専門医制度修練施設において以下の手術を経験する。本プログラム在籍期間中に、外科専門医修練カリキュラム(到達目標3)が定める最低手術症例数を経験・クリアーする。各領域の症例数は術者または助手として経験する手術手技の最低症例数を下記に示す。
    • 最低手術経験数・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 350 例
    • 術者として・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 120 例
    • 消化管及び腹部内臓・・・・・・・・・・・・・・・・・ 50 例
    • 乳腺・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 例
    • 呼吸器・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 例
    • 心臓・大血管・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 例
    • 末梢血管(頭蓋内血管を除く)・・・・・・・・・・・・ 10 例
    • 頭頚部・体表・内分泌外科・・・・・・・・・・・・・・ 10 例
      (皮膚、軟部組織、顔面、唾液腺、甲状腺、上皮小体、性腺、副腎など)
    • 各臓器の外傷(多発外傷を含む)・・・・・・・・・・・・ 10 例
    • 鏡視下手術(腹腔鏡、胸腔鏡を含む)・・・・・・・・・・ 10 例
    • 小児外科・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 例
  5. 業績
    指導医のもと、筆頭者として適当と思われる学術集会または学術刊行物に研究発表または論文発表を行う。
  6. その後の進路について
    外科系のサブスペシャリティの専門医・指導医などの資格を取得できる進路がある。
  7. 日本外科学会外科専門医取得後の各専門領域での専門医取得について」を参照されたい。

外科系後期研修プログラムのページ一覧