トピックス

ホーム > トピックス > 大腸CTによくある質問 > 大腸CT検査に関して、よくあるご質問

大腸CT検査に関して、よくあるご質問

平成24年10月の大腸CT検査開始以来、2,552名の方に検査を受けていただきました。 ご利用ありがとうございました。これまで患者様、先生方からいただいた質問をまとめましたのでご紹介いたします。

大腸CTのページへ

Q.仮想大腸内視鏡、バーチャル大腸内視鏡と呼ばれているものと同じですか?
A.はい、他にCTコロノグラフィ、マルチスライスCTコロノグラフィー、大腸3D-CT、三次元CT大腸がん検査とも呼ばれています。

Q.大腸カメラと比して検査の精度はどうですか?
A.大腸CTでは5ミリ以下の病変や高さのない平べったい病変は大腸カメラに比して精度は劣ります。しかし、大腸CTはあらゆる方向からの観察が可能で、大腸カメラでは見えにくい襞の裏側でも問題ありません。

 

Q.放射線の被ばくはどのくらいですか?
A.大腸CT 検査の場合は通常のCT検査よりも線量を減らして撮影しています。大腸CT検査ではうつ伏せと仰向けで2回撮影しますが、合計しても通常のCT検査よりは少なくなっています。注腸検査よりも少なくなっています。

 

Q.検査料金はどうなっていますか?
A.検診料金は3万円(税別)です。検査料金には検査前日の検査食と下剤の料金も含 まれています。便潜血反応陽性など他の検査で大腸悪性腫瘍が疑われる場合には保険 診療で行うことが可能です。

Q.予約はどのように行えばよいですか?
A.必ず予約が必要です。電話、ファックス、インターネットでの予約が可能です。保険診療の場合は、紹介してくださる先生から地域医療連携センターへ電話、ファックスでお申し込みください。保険診療の場合は紹介状が必要です。

Q.長年にわたり頑固な便秘です。検査の前に飲む下剤が効くかどうか心配です。
A.大腸カメラと異なり、便を完全に出す必要性はありません。検査前に飲んでいただく造影剤(大腸CT用経口造影剤)は、便とよく混じる性質があるため、便とポリープの識別が可能となります。
ただし、検査までの間に1回も便が出なかった場合には、医師にお知らせください。

Q.大腸CT検査の前に多量の下剤を飲む必要がありますか?
A.当院では検査前の前処置(腸の中をきれいにする方法)の方法として、ブラウン変法を行っていただいています。バリウムを使用する注腸検査と同様のものです。大腸カメラのように当日、多量の下剤を飲むことはありません。

Q.前日は仕事で外出しており、指定されている検査食を食べることは難しいのですが、絶対に食べないといけませんか?
A.どうしても、難しい方は素うどんなど消化の悪いものが含まれていない食事をしてください。この場合でも造影剤は指示されたようにお飲みください。

Q.前日の下剤を飲んだ後に、水を飲んではダメですか?
A.水分は何の問題もありません。当日検査前でも問題ありません。 普通のジュース、コーヒーも大丈夫です。飴、キャラメルも大丈夫です。アイスクリー ムやチョコレートも粒粒が入っていないものを常識量なら大丈夫です。

Q.お尻から管を入れるのですか?
A.炭酸ガスを注入するために、お尻から細いチューブを10cmほど入れる必要があります。ゼリーを十分につけますので安全に検査をすることが可能です。ただし、直腸脱や重度の内痔核をお持ちの場合は検査が難しくなります。

Q.検査時間はどのくらいですか?
A.CT室に入ってから退室するまで15分程度です。

Q.大腸CT検査の後、腹満感はどのくらいで治りますか?
A.大腸CT検査で使用する炭酸ガスは、空気に比べて130-150倍以上の速さで吸収されます。一般的に、検査が終了してから数分で腹満感はなくなります。

Q.大腸CT検査で肛門も診断できますか?
A.大腸CT検査は、肛門疾患の診断は比較的難しいです。肛門の診断を希望される方は、消化器内科や外科を受診してください。

Q.人工肛門でも検査可能ですか?
A. 人工肛門からの検査も10例行っています。

Q.大腸CT検査のあと、すぐに食事はできますか?
A.検査後、お腹の張りが取れましたら、すぐにお食事をされて構いません。

Q.検査の後、そのまま仕事に行けますか?
A.検査後、ぐったりされている方はいません。すぐに仕事に行かれるもおられます。

Q.検査結果はどのように知らせていただけますか?
A.検診の場合は、約1週間で検査結果報告書をお届けします。報告書がお手元に届き 次第、検査結果報告書をよく読んでください。さらなる検査や治療が必要とされた場 合は、検査結果報告書をお持ちのうえ、当院などの医療機関を受診してください。開 業医さんから紹介の場合は、開業医さんへ報告書を届けます。
比較的大きな病変は検査中に判る場合があります。この場合は、検査直後に説明させ ていただき、当日の内視鏡検査・組織検査を提案させていただく場合があります。

<お問い合わせ>
上記の質問以外にお聞きになりたいことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
担当医師:大手前病院 放射線科医長 北山 聡明
電 話(06)6941-0484 月~金 9:00~17:00

大腸CTのページに戻る