トピックス

ホーム > トピックス > 禁煙外来のお知らせ

禁煙外来のお知らせ

2006年4月から禁煙治療として行えるようになりました。これは喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、「ニコチン依存症」という病気として捉え、必要な治療を行うことにより禁煙に成功すれば、喫煙に関して将来発症が予想されるがん、心筋梗塞、慢性呼吸不全などを予防できるという考えに基づいています。
はじめてたばこをやめたい方、何度もやめたことがあるがうまくいかなかった方、家族や友人からやめるように勧められている方は禁煙外来を受診してください。

禁煙外来で治療を行う対象の方

① 直ちに禁煙する意思を持っている方
② ニコチン依存症のスクリーニングテスト(初診時に行います)で、ニコチン依存症と診断された方
③ 喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の方
④ 禁煙治療を受けることを文書(初診時に作成します)により同意された方

禁煙治療の流れ

1.初 診
① 問診 喫煙の状況や健康状態についてお聞きします
② 診察 呼気一酸化炭素濃度の測定、禁煙実行へ向けてのアドバイス、「禁煙宣言書」の作成
③ 処方 禁煙のお薬について説明と処方

2.再 診
① 診察 呼気一酸化炭素濃度の測定、禁煙継続へ向けてのアドバイス、禁煙のお薬について副作用チェック
② 処方 禁煙のお薬処方
再診は2、4、8、12週間後の4回が基本ですが、医師と相談して次回の診察日を決めます。

* ニコチン依存症管理料が算定できる最長5回までを診察回数とします。
* 禁煙がうまくいかず再度禁煙外来の受診を希望される方は、原則として前回の禁煙治療から1年間あけることが必要です。 

禁煙のお薬

禁煙補助薬のニコチンパッチ(貼り薬)あるいは禁煙治療薬のチャンピックス(飲み薬)のいずれかを使用します。これらの薬を使用すると、使用しない場合に比べ禁煙の成功率が高くなります。
<ニコチンパッチ(商品名ニコチネルTTS)>
ニコチンを皮膚から吸収させることにより、禁煙によるニコチン離脱症状を和らげ、禁煙を補助する経皮吸収型のニコチン製剤です。1日1回の貼り替えで、血液中のニコチン濃度を体に害を及ぼさない程度で一定に保つことができます。貼り薬のサイズが大きいものから小さいものに貼り替えながら、最長8週間まで使用できます。


<バレニクリン酒石酸塩(商品名チャンピックス)>
チャンピックスは脳内のニコチン受容体に結合することにより、ニコチンの結合を妨げ、喫煙による満足感を抑制します。さらに少量のドパミンを放出させ、禁煙に伴う離脱症状を軽減します。あらかじめ完全禁煙日を決め、その1週間前から飲みはじめて喫煙本数を徐々に減らし、8日目から完全に禁煙します。 最長12週間まで使用できます。
・ 1~3日目   0.5mg錠 1日1回 朝あるいは夕食後
・4~7日目   0.5mg錠 1日2回 朝、夕食後
・8日目から12週まで   1.0mg錠 1日2回 朝、夕食後

治療費用

ニコチネルTTS・・・13,000円前後(3割負担の場合)
チャンピックス・・・・17,000円前後(3割負担の場合)
この他に初診料や再診料がかかります。また、受診回数や紹介状の有無などにより費用が変わります。

禁煙外来の予約

第2木曜日と第4木曜日、午後2時から午後4時の時間枠で予約をとり、医師と看護師によるチームで禁煙指導を行います。医療相談室または内科受付で予約できます。
TEL 06-6941-0484