トピックス

ホーム > トピックス > 骨密度(骨塩定量)検査について

骨密度(骨塩定量)検査について

骨密度検査とは

骨密度測定は、骨粗しょう症診断と薬剤・栄養・運動療法などの治療効果を判定するために必要な検査です。
二重X線吸収法(DEXA法)は、骨に2種類のX線を当てて、骨を通過できなかったX線の量から骨密度を 測定 する方法で
信頼度が高いといわれています。測定精度が良好なことから腰椎の測定が標準的であり、骨粗鬆症 治療ガイドラインに
おいて推奨されています。

検査の実際

所要時間は約10分。
検査を受ける前に金属のついていない服の着用をお願いします。同日にほかの検査で造影剤を使用した場合は、すぐ後には
測定できませんので、検査予約時に申し出てください。検査台の中央に仰向けに寝ていただき、体軸が平行になるようにします。
腰椎の撮影では膝関節と股関節を屈曲させて撮影を行います。測定中は息を止める必要はありませんが、体を動かさないようにお願いします。

①.jpg

②.jpg

基本の検査部位

左大腿骨にインプラントがある場合は、腰椎と右大腿骨にて測定します。
両大腿骨にインプラントがある場合は、腰椎のみで測定します。
腰椎(L2-4)の一部にインプラントがある場合や、圧迫骨折がある場合はその部分を省いて解析します。

*次の場合は検査できません
       仰臥位の体勢を保持できない場合。
       妊娠中、または妊娠の可能性がある方。