診療科のご案内

ホーム > 診療科・部門のご案内 > 中央検査部

中央検査部

 

役職・氏名 所属学会・資格等 写真
病理診断科医長
松本 澪華
日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
死体解剖資格
 

 

診療科の特徴と診療内容

中央検査部は、大きくは(1)検体部門 (2)生体部門 (3)病理部門より構成されています。臨床検査の全てが網羅され専門分野を極めながら診療の場に円滑に結果をフィードバックされるように構成し、各部門のエキスパートが各科との連携を保ち日常診療を支えています。

各部門の特色

(1)検体部門(血液化学検査室、微生物検査室)

血液化学検査室では、血球測定や凝固検査などの血液学的検査、尿や潜血反応などの一般検査、肝機能・腎機能などの生化学的検査、腫瘍マーカーや感染症検査などの免疫学的検査を中心に、自動測定と迅速報告を整備しています。継続検査を受けておられる患者さんの結果については、過去の検査データと照合し、担当医と連絡をとり、敏速に診療に生かせるよう、チェック体制をひいております。さらにこの部門には、輸血センターを併設し、輸血関連検査のみならず、輸血製剤の取扱業務も行っております。
微生物検査室では、迅速感染症検査(POCT)、培養・同定・感受性検査のみならず、PCRも導入しており、特に抗酸菌の迅速検出、同定に対応できる体制を整えております。さらに、同室には感染管理センターを置き、大手前病院における感染管理業務を遂行しております。

(2)生体部門(生理機能検査室・内視鏡検査室)

 生理機能検査室では、心電図(普通法、マスター負荷)、血圧脈波、肺機能を随時検査でエルゴメーター、ホルター心電図、脳波、筋電図、超音波検査(心臓・腹部・頚部・甲状腺・乳腺・体表など)を予約検査で行っています。超音波検査では日本超音波学会認定資格を有した臨床検査技師が行い各診療科の診断および治療に貢献をしています。
 内視鏡検査室では上部消化管(食道・胃・十二指腸)、大腸内視鏡およびERCP等の診断のための検査だけでなく、食道、胃、大腸早期癌に対するEMR(粘膜切除術)をはじめとする治療内視鏡にも積極的に取り組んでいます。消化管の癌に対しては、消化器外科と協力して早期癌に対するEMRから腹腔鏡外科手術、進行癌に対する開腹根治術まで、癌のステージに対応する必要十分な処置ができる体制が整えられており、内視鏡検査室もその一翼を担っています。また、地域医療連携センターを通じて開業医の先生方からの生理検査、内視鏡検査の検査依頼を承りますのでよろしくお願いいたします。

(3)病理部門

臨床病理部は病理医1名(日本病理学会認定病理医)、検査技師4名で病理組織診断、細胞診断、剖検を担当しています。検査技師3名は日本臨床細胞学会認定の細胞検査士の資格を有しており、迅速かつ精度の高い診断に努めています。また、悪性リンパ種でのTcell、Bcell、κ、λ染色、乳癌でのエストロゲン及びプロゲステロンレセプターをはじめとする免疫染色、各種特殊染色も施行しています。生検、手術材料はデジタルカメラ等で適宜マクロ、ミクロ写真を記録しています。主治医は検査結果と合わせ外来、病棟、医局等のモニター画面で閲覧、print out可能となっており、紹介医の先生方への病理診断、写真の提供も考慮しています。また病理組識・細胞診断で、疑問症例や診断困難症例がありましたら、セカンドオピニオンとしてのコンサルテーションもお受けいたします。

地域医療機関の先生方へ

臨床検査については、ほとんど網羅しております。各種検査の依頼につきましては、地域医療連携センターを通してご依頼して頂ければ、迅速に対応させて頂きます。