診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 眼 科

眼 科

 

眼科部長
伊藤 暁(難治性白内障、網膜硝子体)

経歴
日本眼科学会専門医

角膜センター長兼眼科医長
原田  純(網膜硝子体、角膜)
経歴
日本眼科学会専門医
眼科医員
松岡 孝典(白内障、緑内障)
経歴
日本眼科学会会員

 

診療科の特徴と診療内容

大手前病院眼科は、医師7名(常勤3名 非常勤4名)視能訓練士8名(常勤3名 非常勤5名)看護師2名にて、網膜剥離、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性などの網膜硝子体疾患を中心に、白内障はもちろん、内反症、眼瞼下垂などの外眼部疾患、鼻涙管非閉塞などの涙道疾患、緑内障、ぶどう膜炎、角膜疾患まで、幅広く診療しています。
最新の医療機器による検査の後、迅速で的確な診断を行い、わかりやすい病状や治療の説明を行い、眼のケアから社会復帰まで、患者様と一緒に考えていきます。たとえ、手術治療が必要になった場合でも、眼にやさしい手術を心がけており、眼はもちろん患者様ご自身やご家族の負担を減らすよう努力しております。最新の医療設備と熟練した医師の豊富な経験に基づいた治療を用意し、患者様との対話を大切にし、スタッフ一同お待ちしております。

網膜硝子体疾患

当科でもっとも力をいれている分野です。
網膜剥離(増殖硝子体網膜症、巨大裂孔など含む)、増殖糖尿病網膜症、硝子体出血、黄斑円孔、黄斑上膜、網膜静脈閉塞症、穿孔性眼外傷に対しては、硝子体手術を行います。今や標準となる広角眼底撮影システム(Resight Zeiss社)と高速硝子体カッター内蔵の次世代硝子体手術機器(Constellation Alcon社)の整備により、黄斑疾患から重症例の網膜剥離、増殖糖尿病網膜症、外傷まで、原則27ゲージによる極小切開硝子体手術にて対応します。
網膜剥離、硝子体出血、眼外傷などの緊急疾患の受け入れも積極的に行っています。
また、加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫、糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF剤(ルセンティス、アイリーアなど)の硝子体注射や糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症に対するレーザー治療も可能です。
 

CVS.jpg
コンステレーション

白内障

*厚生労働省による"多焦点眼内レンズによる水晶体再建術の先進医療施設"に認定されました。*
通常の白内障から水晶体脱臼の重症例まで対応可能です。最新バージョンの白内障手術機器(インフィニティー Alcon社)を2台設置し、精度の高い迅速な手術を行います。
乱視矯正眼内レンズや多焦点眼内レンズ(先進医療)も対応可能です。
水晶体や眼内レンズの脱臼には、眼内レンズ縫着術、特に術後眼内レンズの安定性のよい強膜創固定を行っています。
また、日帰り手術、入院手術(片眼1日から4日、両眼1週間前後)どちらも対応可能で、患者様の希望に合わせています。
 

infi_正面.jpg Toric.jpg +3D(SN6AD1).jpg
インフィニティ 多焦点眼内レンズ 乱視矯正眼内レンズ

 

角膜疾患

角膜移植は、海外ドナー角膜を用いて行います。内皮移植から全層(PKP)表層、深層表層移植まで対応可能です。角膜穿孔には、保存角膜を用いた緊急手術も可能です。
角膜潰瘍など角膜感染症では、原因菌同定と感受性テストを迅速に行い、治療を行います。
帯状角膜変性症には、塩酸を用いた角膜切除術を行っています。

円錐角膜コンタクトレンズ・角膜外来(完全予約制)

円錐角膜、角膜移植後を始め、あらゆる角膜形状異常を伴う疾患の診断治療を行います。治療は、オーダーメイドのハードコンタクトレンズが中心です。処方したレンズは、角膜形状の変化に合わせて微調整が可能です。

眼瞼涙道疾患

眼瞼下垂や内反症には、挙筋短縮術や皮膚切除術を行います。涙道閉塞には、閉塞の状態によりシリコンチューブ留置(DSI)や涙囊鼻腔吻合術(DCR)を行います。

緑内障

緑内障の治療は、正しい病型診断から始まります。診断後、病型に応じた治療を開始します。治療の主体は、眼圧下降です。薬物治療やレーザー治療で充分な効果が得られない時は、手術治療となります。通常の線維柱帯切開術や線維柱帯切除術からインプラント手術まで対応可能です。また、病状に応じて視神経保護や循環改善を目的とした治療を行います。

ぶどう膜疾患

ぶどう膜疾患は、初期の診断治療が大事です。的確に診断し治療することが、再発予防につながります。全身疾患と関連ある場合は、他科と連携して治療をすすめます。眼科的治療は、ステロイド剤や免疫抑制剤の投与が中心となります。慢性化し、硝子体混濁や白内障や緑内障を併発したときも手術治療が可能です。

「眼 科」に関連するページ