診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 泌尿器科

泌尿器科

 

泌尿器科部長
内田 欽也
経歴
日本泌尿器科学会専門医・指導医
医学博士
泌尿器科医員
宮後 直樹
経歴
日本泌尿器科学会会員
日本泌尿器内視鏡学会会員

診療科の特徴と診療内容

前立腺肥大症、前立腺癌や膀胱癌などの尿路悪性腫瘍、尿路結石症、慢性腎不全、神経性排尿障害などの治療を担当しています。客観的な判定基準を用いて症状を評価し、ガイドラインに沿って治療方針を決定しています。症例数の多い手術には、クリニカルパスを作成し、治療経過を患者さんと共有できる体制を取っています。

前立腺肥大症

中高年男性にみられる排尿障害(尿勢の減弱、尿意切迫感、頻尿、残尿感等)の原因となる良性疾患です。治療は先ず、薬物療法を開始し、効果が不十分な場合には、経尿道的前立腺切除術(TUR-P)を行います。大きな肥大症の方には経尿道的前立腺核出術(TUEB)を行います。合併症で手術が困難な場合には尿道ステントの留置を行います。

前立腺癌

前立腺特異抗原(PSA)測定の普及で早期に診断される方が増加し、今や前立腺癌は日本人男性の癌罹患率で一位になりました。当院では生検入院で確定診断後、年齢や病状により、手術、放射線療法、薬物療法等の治療を行います。放射線療法は強度変調放射線療法(IMRT)を導入し良好な結果を得ています。去勢抵抗性前立腺癌には二次内分泌療法や化学療法を行っています。

膀胱癌

経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)を行い、筋層浸潤が無ければ、内視鏡手術のみで治療が完了します。筋層浸潤がある場合には、膀胱全摘除術や化学療法が必要になります。膀胱上皮内癌の場合は、BCGや制癌剤の注入療法により、膀胱を温存します。

腎癌

根治的腎摘除術が基本ですが、4 cm以下の小さな腫瘍の場合には、腎部分切除を行い、腎機能温存を図ります。転移のある症例にはインターフェロン療法、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害剤を用います。

副腎腫瘍

高血圧の精査や超音波検査で偶然発見される副腎腫瘍に対して、胆のう摘出手術と同様に腹腔鏡下副腎摘除術を行います。原発性アルドステロン症、クッシング症候群などの良性腫瘍が適応です。

尿路結石

原則的に2cm以下の腎・尿管結石に対して体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を施行しています。大きな結石やESWLで砕石困難な症例には経尿道的腎尿管結石破砕術(TUL / f-TUL)を行う事により、すべての尿路結石に対応が可能です。

「泌尿器科」に関連するページ