診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 放射線科

放射線科

 

         

放射線診断科主任部長
松崎佐恵子
経歴
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本乳癌学会認定医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会読影認定医
肺がんCT検診認定機構認定医
日本磁気共鳴医学会会員
日本乳癌検診学会会員
骨軟部放射線研究会会員
日本乳癌画像研究会会員
乳腺甲状腺超音波診断会議会員
日本医師会認定産業医
医学博士
放射線治療科部長
広川 惠子

日本医学放射線学会放射線治療専門医
日本放射線腫瘍学会認定医
日本癌治療認定医機構暫定教育医
日本癌学会会員
日本癌治療学会会員
医学博士
IVRセンター長
放射線診断科医長
北山 聡明

経歴
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本IVR学会専門医
日本腹部救急医学会評議員
肺がんCT検診認定機構認定医
日本門脈圧亢進症学会会員
日本肝臓学会会員
日本消化器病学会会員
日本胆道学会会員
北米放射線学会会員

放射線科医員
北村賀永子
経歴
日本医学放射線学会放射線診断専門医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会読影認定医A
肺がんCT検診認定機構認定医
医学博士

診療科の特徴と診療内容

患者様に優しい思いやりのある検査を目指しています。
地域医療機関の夕刻診療時間におきましても、消化管造影・CT・MRI等の予約、及び検査の実施(検査内容による)を行っています。

各種画像診断

単純X線写真・乳房撮影・消化管造影・血管造影検査(各種IVR手技)・CT・MRI・DIP・骨塩定量などの各種画像診断を行っています。
*新たに80列MDCTを導入しました。
この最新のMDCTは最高水準の技術を搭載していますので短時間撮影で高レベルの検査がおこなえます。全身の各断面や立体像(3D画像)の鮮明な画像が得られ安心して検査がうけられます。
特に、心臓領域においても検査が可能で、心臓血管造影(CAG)等の検査を受けなくても、Cardiacの描出が可能となりました。

各種がんに対する放射線治療

集学的がん治療の一翼を担う放射線治療として、一般的な外照射から、転移性脳腫瘍などに対するなどに対する定位放射線治療、血液腫瘍に対する造血幹細胞移植前処置としての全身照射、化学療法や手術と組み合わされた集学的治療の一環としての照射、あるいは疼痛緩和を目的にした照射などを行なっています。平成29年1月より、がん治療と就労の両立を支援するために、放射線治療の診療を朝8時から開始しています。

主な設備 (タイトルをクリックすると詳しい内容がご覧になれます。)

などが整備され、デジタル化による各種検査画像のサーバーによる一元管理を行っていますので、過去画像をいつでも閲覧することが出来ます。また、Webによる画像の配信を行っており、各科で画像を参照することも出来ます。

地域医療機関の先生方へ

先生方の日常の診療に貢献するため、迅速且つ正確な画像診断を提供できるように努力しております。放射線検査につきましては、地域医療連携センターまたは直接放射線科受付(内線2320番)へお問い合わせ下さい。
なお、当院診療時間外の検査(地域医療機関の先生方の夕刻診療時間帯や夜間など)におきましては、放射線科にて検査予約及び、検査の実施(検査内容による)を行っています。 放射線治療を受けられる場合、地域医療連携センターにお電話ください。担当医師にお取次ぎいたします。担当医師とご相談の上、診療情報提供書をFaxしてください。初診日のご通知(初診予約票)をFAXいたします。
詳しくは下記をクリックして下さい。
各種検査予約の流れについて
※ただし状況により上記の通り行えない場合があります。特に業務時間外においては当直者が緊急検査を行っている場合などがあり対応が出来ないことがあります。あらかじめご了承下さい。
放射線治療の流れ

「放射線科」に関連するページ