診療科のご案内

ホーム > 診療科・部門のご案内 > 放射線科 > MRI撮像装置

MRI撮像装置

第1MRI室

機器項目 メーカー名 製品名
MRI装置 PHILIPS Achieva 1.5T
自動注入器 根本杏林堂 ソニックショット GX
監視モニター コニカミノルタメディカル パルスオキシモニター4500
プリンター kodak DryView 8900

第2MRI室

機器項目 メーカー名 製品名
MRI装置 SIEMENS AVANTO SQ 1.5T
自動注入器 根本杏林堂 ソニックショット 50
監視モニター スタープロダクト ポータブルパルスオキシメータ
8600FO
プリンター kodak DryView 8150

MRI検査とは

MRIとは磁気共鳴断層画像診断装置(Magnetic Resonance Imaging)の略で、強い磁石と電波によって人体の断層像を撮像します。
強い磁石の中に入り、電波を与えることにより体の中の水素原子が共鳴します。電波を止めると、水素原子から微弱な電波ができています。
この微弱な電波を使って画像を作る検査です。

検査の特徴

長所
  • X線を使いません。(放射線による被曝がありません。)
  • 体内のあらゆる方向の画像が得られます。
  • 造影剤を使用せずに血管を描出することができます。
  • X線CTよりも軟部組織の情報がより詳しく分かります。
短所
  • 検査時間が長くかかります。
  • 検査中、大きな音がします。

検査手順

造影検査や腹部領域の検査は約5時間前より絶食して頂きます。
基本的に検査着に着替えて頂き、検査室入室後はベットに、数十分間寝て頂くだけで検査ができます。一部の検査(胸部、腹部等)で、息止めをして頂きますが、基本的には息どめの必要はありません。
また、前処置薬や造影剤の注射をする場合もあります。
検査中は大きな音がしますが、ヘッドホンや耳栓をすることによりリラックスして検査を受けることができます。

注意事項

MRI検査を受けることができない方
  • 心臓ペースメーカーを使用している方。(但し、一部条件付で対応可)
  • 人工内耳を埋め込まれている方。(但し、一部条件付で対応可)
  • 可動型義眼を装着している方。
MRI検査を受けることができない場合がある方
  • 脳動脈の手術を受け金属クリップを入れている方。
  • 金属製の心臓人工弁を入れている方。
  • 入れ墨など入れている方。
  • 妊娠、又は妊娠している可能性のある方。
  • 閉所恐怖症の方。

造影剤使用の検査について

  • 以前、造影剤による副作用があった方や過度のアレルギー体質の方は申し出て下さい。
    (予約時、造影剤問診票造影剤使用承諾書をお渡ししますので記入しておいて下さい。場合により造影検査を中止する場合もあります。)
  • 造影検査後の注射止血は十分に行って頂き、水分を多くとり、造影剤を排尿して下さい。
  • 造影剤使用検査の注意事項はX線造影検査を受けられる方へをご覧ください。

「MRI撮像装置」に関連するページ