診療科のご案内

ホーム > 診療科・部門のご案内 > 放射線科 > 放射線科内PACS

放射線科内PACS

システムの特徴

病院内で行なわれる各種画像診断機器の検査画像を一元管理し、院内各所の病院情報システム端末や高精細画像観察装置にて、今回画像、過去画像のデータでの閲覧が簡単に行なえます。

高精細画像観察装置

読影用観察装置は非常にデータ容量の大きい患者のデータでも読影する患者データのみを自動で選択して過去画像を含めて画像を配送します。
ツールバーカスタマイズやマウス設定のユーザーカスタマイズ機能により各診断医の使い勝手の良いシステムに変更可能で、ファンクションキーの割り振りなどによりワンタッチで連続の操作が可能であるソフトウェアを採用しています。

サーバ

実効容量16TBのNAS(Network Attached Storage)を採用しており、過去に遡っての画像閲覧の際もスピーディに配信可能なシステムです。また、2重化の構成により、万一のサーバのハードウェア障害、サーバメンテナンスなどの計画停止の際も運用を停めることなく、24時間365日、画像受信、画像閲覧することが可能なシステムを導入しています。

PACS1.BMP


PACS2.BMP

「放射線科内PACS」に関連するページ