診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 耳鼻咽喉科 > 舌下免疫外来

舌下免疫外来

担当医師 大西恵子
診察日 舌下免疫外来  火曜日午後

 アレルギーの病気(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症、アトピ―性皮膚炎)は先進国を中心に増えています。
 現在はアレルギーの病気には多数のアレルギーの薬が開発されており、投薬にて治療が広く行われていますが、中には投薬でも改善されない場合があります。

 その場合、アレルギーの病気の中でもアレルギー性鼻炎、花粉症はアレルギーをおこしている原因の物質(ハウスダスト、スギなど)を少量ずつ注射していくことで、体を慣らしていきアレルギー症状をでにくくする方法があります。これが減感作療法(特異的免疫療法)という方法ですが、現在では唯一のアレルギーの根本治療です。

 ハウスダストでは約80パーセント、スギでは約70パーセントの効果があるといわれています。また長期にわたってお薬を飲みつづけるよりも、はるかに経済的でもあります。
 欠点としては通院期間が長期にわたることや、まれに過敏反応をおこすことがあります。

 当科ではこの他、患者さま のご希望に配慮する治療法を選択し、治療にあたっております。鼻づまりがひどい場合は粘膜焼灼(レーザーなど)、手術(鼻中隔弯曲矯正術、粘膜下下甲介手術)も行います。
気になる症状があれば、耳鼻咽喉科へ受診してください。
 かかりつけ医がある場合は紹介状を持参してください。

「舌下免疫外来」に関連するページ