診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 循環器内科 > 第1回大手前ハートカンファレンス

第1回大手前ハートカンファレンス

第1回大手前ハートカンファレンス

日々の臨床レベル向上を目的とした「第1回大手前カートカンファレンス」を4月24日(土)15時から大阪第一ホテルで開催し、開業医の先生や他病院循環器内科の先生など約60名が出席していただきました。この会は心臓センター(循環器内科、心臓血管外科)主催で、当院の治療実績紹介と地域医療連携を深める企画として、今年度から年1回開催いたします。
まず、循環器内科の山田貴之部長が開会のあいさつで「大手前病院2009年度臨床実績」を紹介。続いて国立循環器病研究センター 心臓血管内科の長谷川拓也先生を座長に、循環器内科医師6名が一人15分の持ち時間で、心不全、心筋梗塞、心筋症など、それぞれ症例発表を行いました。発表後に会場の先生方から貴重なご意見をいただきました。第二部は記念講演として、社会保険紀南病院 院長の山本忠生院長(下写真)に「私の循環器病学」という演題で約1時間に渡り講演していただきました。医師になられてから循環器病の治療や医療技術の向上に取り組まれた苦労話やエピソードなどを熱く語られました。
会終了後は情報交換会が行われ、心臓センタースタッフと参加者が懇談し、有意義な会となりました。当日は土曜開催にもかかわらず、たくさんの先生方にお集まりいただきまして、誠にありがとうございました。来年も継続してこの会を開催してまいりますので、ぜひ次回もご出席くださいますよう心よりお願いいたします。ありがとうございました。

〇症例発表
・「当院におけるCTO症例の検討」 山田 貴之部長
・「たこつぼ型心筋症の一例」 奥原 祥貴医員
・「診断に苦慮した右心不全の一例」 柴本 将人医員
・「急性心不全の治療を考える~当院におけるNIPPV療法~」  吉田 聡(大阪大学)
・「急性心筋梗塞と微小循環障害~NIC-MRI Studyについて~」 市堀 泰裕(大阪大学)
・ 「最近1年間の心臓CT検査の検討」 佐藤 芙美医長

hert20100424.JPG

hert20100424-2.jpg

「第1回大手前ハートカンファレンス」に関連するページ