診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 看護部 > 看護部の体制・理念・目標

看護部の体制・理念・目標

看護部の体制

・ 看護部長    宮原 ゆり子

・ 看護部次長  山本 由紀子、小井戸 佳子

・ 師長  10名(各病棟、外来、手術室、医療安全管理室)

・ 主任  12名

・ 主任代理 6名


・ 一般病床(7対1看護体制)

看護体制は9単位で、固定チームナーシングを取り入れています。


<各種委員会>

・ リソースナース委員会
・ 看護教育委員会
・ 看護検討委員会
・ リンクナース委員会
・ 看護研究委員会

看護部の理念

1.看護師は、常に患者の人間性を尊重する。

2.看護師は、常に看護の水準を高め、看護サービスの質の向上を図ります。

3.看護師は、医療チームの一員として絶えず研鑽を積み、専門職業人としての役割を果たします。

4.地域社会との連携を持ち、住民の福祉の向上に貢献します。

看護部の年間目標

1.働きやすい環境を整え、看護の質向上

2.チーム医療

3.人材育成

4.医療資源の活用
   
年間目標はスタッフからの意見を参考に、師長・主任が目標を決定します。

「看護部の体制・理念・目標」に関連するページ