診療科のご案内

ホーム > 診療科・部門のご案内 > 呼吸器外科

呼吸器外科

 

役職・氏名 所属学会・資格等 写真
呼吸器外科部長
前田 純
日本外科学会外科専門医・指導医
日本呼吸器外科学会専門医
日本呼吸器学会専門医
肺がんCT検診認定医機構認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
医学博士(大阪大学)
jun.maeda.jpg

 

診療科の特徴と診療内容

肺癌は呼吸器外科で治療する最も重要な疾患です。肺がんに対しては胸腔鏡補助下肺葉切除+リンパ節郭清術を標準術式としています。症例により年齢、術前呼吸機能、術前併存疾患も考慮し縮小手術も行っています。進行肺がんや悪性縦隔腫瘍に対しては、呼吸器内科と連携し術前術後化学療法、放射線療法を併用しています。
さらにCT検診等で検出された悪性度の低い初期段階の肺腺癌に対しては、小切開(1センチ程度)3箇所での低侵襲な胸腔鏡下肺部分切除術も行っています。

スライド1.JPG

スライド2.JPG

当科は呼吸器外科学会認定施設であり、大阪大学呼吸器外科関連施設でもあるため、胸部腫瘍に対する予定手術は原則として阪大呼吸器外科教官クラスの呼吸器外科専門医の手術応援を受け、呼吸器外科専門医2名での手術を行っています。
当院は総合病院で数少ない神経内科標榜病院でもあり、神経内科と連携して重症筋無力症(胸腺腫合併を含む)には手術を含めた集学的治療を行っています。
心臓血管外科もあるため、手術適応のある血管浸潤を伴う胸部悪性腫瘍に対しても手術療法を行っています。
腎臓内科および透析施設もあり、術前併存症として高度腎機能障害を認める場合でも手術療法の選択が可能になっています。
当院は大阪府がん診療拠点病院のひとつですが、肺がんおよび胸部悪性腫瘍のみならず、良性肺腫瘍、良性縦隔腫瘍、気胸、膿胸等の炎症性肺疾患ならびに救急診療に伴う胸部外傷手術まで行っております。
患者さんの生活の質を重視した医療をモットーとしており病名、検査方法、治療法の選択肢、治療成績等を十分に説明し、理解してもらうことを原則としています。また、大学病院、がんセンター病院では困難な初診時からの迅速な術前検査を施行した上で、2週間以内の手術療法を可能にしています。

地域医療機関の先生方へ

当科は大阪大学大学院医学系研究科呼吸器外科の関連施設として密接な連携の下で手術・治療を行い、また地域医療にも注力しております。病診連携紹介については木曜日の外来診察時のみならず随時に受け付けております。地域医療連携センター 06-6966-5336(月~金 9:00~19:45)にご連絡いただければ迅速に対応可能です。よろしくお願い申し上げます。

当院では低線量肺がんCT検診も行っています。

「呼吸器外科」に関連するページ