診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 麻酔科

麻酔科

 

麻酔科部長
東條 英明
経歴
日本麻酔科学会認定医・指導医・専門医
中央滅菌室センター長
谷戸 康人
経歴
日本麻酔科学会認定医・指導医・専門医
日本臨床麻酔学会
日本心臓血管麻酔学会
日本薬理学会
日本循環器学会

 

診療科の特徴と診療内容

手術室は5室で、うち1室がバイオクリーンルームで、心臓血管外科や整形外科の手術を行っております。
各手術室と麻酔科モニター室はオンラインで結ばれており、

  1. テレビカメラによる室内監視
  2. 各手術室の患者監視モニターとモニター室コンピュータの連動監視
  3. 麻酔記録のコンピュータ入力とモニター室のコンピュータによる連動監視
  4. PHSによる指導医と麻酔担当医の連絡

のシステムが構築されており、麻酔担当医はあたかも自分ひとりで麻酔管理を行っている感覚で仕事をしていますが、実際はすべて指導医の管理下で麻酔管理が行われています。
このシステム実現により、麻酔管理の安全性が飛躍的に高まりました。

本院麻酔科は、全科からの麻酔科研修を受け入れております。これにより、気管内挿管をはじめとする救急医療の基本を全科の医師がマスターできるようにこころがけております。
平成16年より開始されたスーパーローテートによる研修システムでは、麻酔科は必修科目であり、現在の麻酔科研修システムに準じて、麻酔、救急に対応できる医師を養成するシステムの構築を図っていきたいと考えています。

常にシステム更新を心がけ、時代に後れない麻酔科として機能したいと思っております。

「麻酔科」に関連するページ