診療科のご案内

ホーム > 診療科・部門のご案内 > 脳神経外科 > 不随意運動外来(DBS外来)

不随意運動外来(DBS外来)

定位脳手術(脳深部刺激術:DBS)に日本有数の(500例以上)経験を持つ専門医による専門外来を開設いたしました。

対象疾患 パーキンソン病、本態性振戦、ジストニア、痙性斜頚、書痙など
日時 第2水曜日 午後2時より
担当医師 後藤 惠 (徳島大学 教授)

可能であればかかりつけの先生の紹介状をお持ちになることをお勧めします。
当院初診の方でも、予約をおとりできます。大手前病院・脳神経センター外来にお電話ください
(代表06-6941-0484)
また、お急ぎの場合は、月・水・金(午前)の脳外科外来にて診察いたします。

「不随意運動外来(DBS外来)」に関連するページ