診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 乳腺内分泌外科

乳腺内分泌外科

 

副院長
中場 寛行
経歴
日本外科学会指導医
日本乳癌学会認定医、評議員
日本消化器外科学会指導医
日本癌治療学会会員
日本臨床外科学会会員
乳腺内分泌外科医長
新田 佳苗
経歴
日本外科学会専門医
日本乳癌学会乳腺専門医
日本癌治療学会会員
日本臨床外科学会会員
検診マンモグラフィ読影認定医

診療科の特徴と診療内容

乳がん

乳がんの治療は手術だけでなく、内分泌療法、化学療法、放射線療法を含めた総合的な治療が必要です。また、乳がんは世界的に治療の標準化が行われつつあり、当院でも乳がん診療ガイドラインに基づいた治療を行っています。

乳腺専門外来

  1. 1. 乳腺外科手術担当専門医外来:外科月曜午前、木曜午前・午後

外来では検診、診断、術後の薬物療法などを行っています。

乳がんは女性のがんの中で罹患率が1位となり、今や12人に1人が罹患する疾患です。乳房に関して気になることがあれば、外来を受診してください。乳腺外来では出来る限り、即日に診断が出せるように努力しております。診断機器(超音波、マンモグラフィ)を整え、検査はすべて女性スタッフで行っています。また病理科とタイアップし穿刺吸引細胞診、針生検も出来るだけ早く報告しています。さらに、詳細な検討が必要な場合にはマンモトームによる生検やダイナミックCT、MRIなどの画像診断を行っております。
また、乳がんは再発すると根治が見込めなくなることが多くなります。再発予防の術後の治療として内分泌療法、化学療法なども積極的に行っています。

手術療法

乳がんに対する手術は、乳房温存療法が主流になりつつあり、当院でも積極的に取り組んでおります。初期の乳がんに対してはセンチネルリンパ節生検を用いた腋窩郭清の省略を行っています。また、乳房温存療法が適応とならないような大きな乳がんに対しては術前化学療法を行い、縮小を計り乳房温存療法の可能性を探ります。しかし、乳房切除が必要な場合には、形成外科と協力し乳房再建を行い患者さんの肉体的、精神的ダメージの軽減に努めています。乳癌の治療には、術後の放射線、薬物療法も非常に重要であり、個々の症例を検討しながら行っております。

進行、再発乳がん

進行、再発乳がんに対する薬物療法は、内分泌療法と化学療法(抗癌剤、分子標的薬)があります。患者さんの身体の状態に応じて、なるべく生活の質(QOL)を保つような治療を選択します。痛みや、呼吸苦など出現する様々な症状にも、迅速に対応していきます。また、放射線療法も転移巣に対する有効な治療法です。

近隣の国際がんセンターとも連携を密にし、より複雑な症例などにも対応できるようになり、地域で患者さんをサポートしていける環境になりました。

甲状腺がん

乳がんと同じように即日診断も可能です。病期に応じて手術術式を決定します。進行し気管、脈管浸潤のある症例でも呼吸器外科、心臓血管外科と協力し根治を目指しています。

 

地域医療機関の先生方へ

乳腺外来は月曜、木曜全日に行っております。しかし、それ以外の曜日でも外来担当者が対応いたします。マンモグラフィは平日毎日、超音波も毎日行っております。乳腺に対することでお困りでしたら、新規の患者さんばかりでなく他院でかかられている患者さんでも治療の相談にのらせていただきます。気軽にご相談下さい。

大阪市・池田市・能勢町 乳がん検診無料クーポンについて

● 乳がん検診無料クーポンにつきましては、予約が必要です。 下記の要領でご予約ください。

 

 診察日・時間 火曜日 15:00~16:30
水曜日 10:30~12:00
予約受付時間
平日 14:00~16:00
06-6941-0484
医事課(内線3138)

※ 外科にてご受診いただきます。

※ 1日につき10名様までとなりますのでご希望の日に予約がお取りできない場合がございます。

※ お時間の指定はできません。当日、待ち時間が生じる場合もございますのでご了承ください。

※ 緊急手術などで、急遽ご受診いただけない場合もございますがご了承ください。

※ 当日、保険証・クーポン券をお持ちください。  

「乳腺内分泌外科」に関連するページ