診療科のご案内

ホーム > 診療科・部門のご案内 > 代謝・内分泌内科

代謝・内分泌内科

 

役職・氏名 所属学会・資格等 写真
代謝・内分泌内科部長
糖尿病センター長
上中 理香子
日本内科学会総合内科専門医・指導医・近畿支部評議員
日本糖尿病学会専門医・指導医
日本内分泌学会内分泌代謝専門医・指導医
日本甲状腺学会
日本医師会認定産業医・スポーツ医
大阪大学医学部臨床教授
医学博士(大阪大学)
101859.jpg
健康管理センター長
総合医学科部長
佐山 皓一
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本内分泌学会内分泌代謝専門医・指導医
日本糖尿病学会専門医・研修指導医
日本甲状腺学会
日本透析医学会
日本静脈経腸栄養学会
日本医師会認定産業医
日本東洋医学会
日本総合健診医学会
医学博士(大阪大学)
102142.JPG
代謝・内分泌内科医長
糖尿病センター副センター長
宇野 彩
日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会専門医
日本内分泌学会
医学博士(大阪大学)
 
レジデント
川田 哲史
日本内科学会認定内科医
日本内分泌学会
日本糖尿病学会
 
レジデント
博多 紗弓
日本糖尿病学会  

 

診療科の特徴と診療内容

糖尿病

種々の経口糖尿病薬やインスリン・GLP-1製剤が開発され、糖尿病治療の選択肢は飛躍的に拡大しています。当科では3名の糖尿病を専門とする医師が最新の知見に基づいて、糖尿病の病型や病期、患者背景に応じたきめ細かい治療法を工夫し、ベストコントロールの達成を目指しています。代表的な生活習慣病に位置付けられる糖尿病では患者の自己管理が治療の成否を決める重要な要因となることから、特に教育入院に力を注いでいます。糖尿病専門医と共に、糖尿病療養指導士に認定された看護師・管理栄養士・薬剤師からなる医療チームが行う患者教育は、充実した内容を誇っています。また、合併症の有無・進展度を評価し、冠動脈疾患、増殖網膜症、腎不全に陥った腎症など重篤な場合には、各々、循環器内科、眼科、腎臓内科などと連携して合併症対策を行っています。糖尿病患者に合併することの多い肝・膵・大腸癌の検査も併せて行います。
一方、糖尿病患者の高齢化に伴い、よりシンプルで安全な治療も求められる時代に入りました。患者の社会的背景・認知機能もふまえて治療を選択してゆきます。

痛 風

痛風の診断、発作急性期の治療、高尿酸血症に対する継続治療について、一般医師の誤解や専門家の中でも意見の不一致が少なくありません。当科では、財団法人痛風研究会から痛風治療の数少ない専門施設に指定され、豊富な治療経験を有しています。痛風専門外来では、患者に高率に合併する内臓脂肪肥満、脂質異常症、高血圧、脂肪肝、尿路結石の診断と治療を含め、痛風のトータルケアを行っています。

甲状腺や他の内分泌疾患

バセドウ病や橋本病などよくみられる甲状腺疾患をはじめ、アルドステロン症・クッシング症候群・褐色細胞腫や先端巨大症など比較的稀な下垂体・副甲状腺・副腎疾患の診療も行っています。手術を要する場合には、当院及び大阪国際がんセンターの外科・脳外科・泌尿器科・耳鼻科医師と情報を共有して適切な治療を行います。

地域医療機関の先生方へ

●月曜日から金曜日まで毎日、当科の医師が糖尿病専門外来の診療を担当しています。
糖尿病教育入院は、一週間コースと二週間コースを設けており、ほぼ毎週実施しています(水曜入院~火曜退院)。まず、外来を受診いただき入院加療の必要性・目的を説明し同意を得た上で入院手続きを行います。
コントロール不良患者、食事療法に問題のある肥満患者、インスリン治療導入を要する痩せ型患者、重篤な合併症の進行した患者など、治療に難渋する症例に対して、適正な治療法を御助言させて頂きます。
一週間コースは糖尿病で合併しやすい肝・膵・大腸癌のスクリーニングを含め、糖尿病患者のトータルケアを行います。
二週間コースは理学療法士が合併症を有する患者も含めて運動指導を行いますので、なかなか運動習慣を身につけることのできない方にもおすすめです。
又、多忙なビジネスマンを対象に週末体験入院(金~日)を月に1回行っています。
日程等詳細は地域医療連携センターにご確認ください。
●痛風専門外来は設けておりませんが、スタッフ全員、急性期も含めて対応可能です。
●内分泌疾患は、上中(月・水)・佐山(水)・川田(木)が担当いたします。
●挙児希望のある甲状腺疾患は、上中が担当いたします。
●劇症1型糖尿病は宇野(月・火・金)が担当いたします。
  

施設認定

日本糖尿病学会 認定教育施設
日本内分泌学会 認定教育施設

「代謝・内分泌内科」に関連するページ