当院について

当院の特徴

Characteristic 01
救急医療
救急医療

大手前病院は24時間体制で救急患者を受け入れる二次救急病院です。毎年4000件以上の救急車による搬送があり、初期対応から一刻を争う心疾患や脳卒中にも迅速に対応しています。各診療科の専門医やメディカルスタッフの連携体制が充実しており、地域医療支援病院として、他の医療機関からの急性期治療の依頼に迅速に応え、この地域の医療を守っていきたいと考えています。

Characteristic 02
血管病変疾患

血管病変疾患とは、体の隅々まで分布する血管と血液を送り出す心臓に起こる病気のことです。急に現れて命の危険を伴う心筋梗塞や脳梗塞などの心臓や脳の疾患だけでなく、糖尿病や腎臓病など慢性疾患から二次的に起こる合併症があります。
大手前病院は各診療科による専門治療に加え、心臓センター・脳神経センターを設置し、24時間365日体制での急性期治療に対応するなど、血管病変リスク軽減に重点的に対応しています。

Characteristic 03
大手前病院のがん診療について
大手前病院のがん診療について

5つのがん(肺がん・胃がん・肝がん・大腸がん・乳がん)を含めた多くのがんを診療し、手術・化学療法・放射線治療などを組み合わせた治療と症状緩和を提供します。患者さまの病状に合わせた、また希望に添った治療方法を提供できる環境を整えています。
患者さまへのサポート体制として、緩和ケア認定看護師やソーシャルワーカーなどが地域の在宅医療を担う在宅医や訪問看護師等と連携し、最善の治療が受けられる体制を構築しています。

Characteristic 04
地域連携
地域連携

急激な少子高齢化が進むなかでも、医療体制と医療の質の担保は不可欠です。そのためには医療機関それぞれの役割を果たすことが求められます。
大手前病院は、地域医療の充実と効率的な医療体制を提供することを目指しています。その目的を達成するひとつとして、大阪府より「地域医療支援病院」の承認を受けています。
当院は急性期病院として、容態が変化し入院が必要な患者さまの治療を担っています。治療後に症状が安定した患者さまや、慢性的な疾患を持つ患者さんの日常診療は、なるべくかかりつけ医に担っていただくようお願いしています。さらに在宅療養されている患者さまが急に体調を崩されるなどの緊急時にはスムーズに受診・入院ができるよう、在宅療養後方支援病院としての機能も有しています。
また地域医療連携の役割として、診療所や医療機関同士の連携だけでなく、医薬連携や薬薬連携にも対応しています。薬物治療に用いるお薬を院内の薬局ではなく、院外処方箋を受け取り、「かかりつけ薬剤師」など地域の薬局でも受け取ることができます。

Characteristic 05
医療人の育成
医療人の育成

医療に従事する人は、医師や看護師だけでなく、多くの専門職からなります。
医師は医師国家試験に合格し医師免許を受けると医師としての第一歩を研修医として迎えます。大手前病院でも毎年多くの研修医が入職してきます。
看護師や薬剤師などメディカルスタッフの多くは、国家試験を受ける前に在学中に医療機関で実地研修を受けなければなりません。当院でも学生を受け入れ、未来の医療専門職になる手助けをしています。
また医療は日々変化しています。新しい治療法や薬剤、医療機器の知識や技能を更新していかなければなりません。医療者各自の努力も不可欠ですが、現場で他の医療職と協働で行うことも多くあります。大手前病院では職種に関わらず多種多様な研修を開催し、日々研鑽に努めています。

Characteristic 06
チーム医療で支える
チーム医療で支える

大手前病院では、入院中の治療だけでなく、早期から退院後の生活を見据えた支援を含め、多職種でサポートしています。
医師を中心に看護師、薬剤師、リハビリスタッフ、栄養士、社会福祉士など患者さまの入院生活を支援するために多くの部門スタッフが連携し、緩和ケアチーム、栄養サポートチーム、安全管理や感染対策、褥瘡対策など患者さまの回復を支えるチーム医療を実践しています。

Access
最寄り駅

大阪メトロ谷町線「天満橋駅」下車
1・3番出口より徒歩約5分

京阪電車「天満橋駅」下車徒歩約5分

JR東西線「大阪城北詰駅」下車徒歩約15分

住所

〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1-5-34

アクセス情報を見る