診療科・部門・センターのご案内

眼科

診療科の特徴と診療内容

質の高い、対話重視の医療をめざして

当院眼科は、医師8名(常勤3名、非常勤5名)にて幅広い眼科疾患を対象に診療を行っております。特に角膜疾患につきましては、角膜センターのセンター長も兼ねる原田眼科部長を中心に、豊富な経験に基づいた専門的な角膜診療を提供しております。

熟練した視能訓練士チームをはじめ、最新の医療機器の導入で、正確で迅速な診断と治療を心がけております。質の高い医療をめざすとともに、患者様にとってわかりやすい病状や治療の説明を行うことも非常に大切であると考えております。患者様おひとりおひとりにとっての最善の治療が実現できるよう、患者様と一緒に考えて参ります。

また、地域のかかりつけ医の先生方との対話も重視し、うまく連携をとることで患者様の通院負担の軽減を図り、信頼される地域の中核病院としての機能が果たせるよう努めて参ります。

白内障(はくないしょう)

水晶体の混濁する病気ですが、加齢によるものが大半をしめます。すでに見えにくい、まぶしいなどの自覚症状がでている状態では、治療は手術しかありません。通常は水晶体再建術という水晶体の混濁を除去する手術と、眼内レンズを挿入する手術を同時に行います。

フレキシブルな入院期間での白内障手術

2台の白内障手術装置(インフィニティー)を有し、常勤3名の医師で年間約640件の白内障手術を行っております。ほぼ全例極小切開で、術後乱視の少ない超音波手術を行い、早い社会復帰をめざしています。通常の白内障症例の他、 角膜混濁のある症例や水晶体脱臼等の難症例や、眼内レンズ脱臼にも対応可能です。

現在手術日は月・火・水曜日で、日帰り手術と入院手術(片眼2日~4日、両眼の場合1週間前後のご入院または2週間空けて片眼ずつの手術)のどちらも対応可能です。病状によってこちらから手術日程のご提案をいたしますが、なるべく患者様のご希望に沿うように柔軟に入院の日程調整させていただいているのも当院眼科の特色です。

ご紹介の先生方から地域医療室を通して外来のご予約をいただいた場合は、検査から診察、手術や入院申し込みを1日で終了することが可能です。その後に任意にはなりますが、安心して手術に臨んでいただけるよう、白内障教室という白内障手術の説明会へのご参加をおすすめしています。映像による手術のポイントや注意点の説明の他、医師からの説明もあり、皆様が安心して手術を受けていただけるよう、ご質問にも対応しております。

手術後に関しては、退院直後から紹介元のかかりつけ医療機関で術後経過を診ていただくことが可能で、当院への通院が大変な方でも、当院にお越しいただくのは手術を含め2,3回程度ですむことが多く、遠方の患者様にも当院での白内障手術を選んでいただいております。ただし病状によっては、術前検査や術後診察で当院への通院をさらにお願いする場合がございます。いずれにせよ患者様にとって最善の治療となるよう、常に心がけて診療にあたっております。

眼内レンズ

多焦点レンズは自由診療となるため、現在当科では扱っておりませんが、常時10種類以上の眼内レンズを常備し、患者様の目の状態にあわせて、最善の眼内レンズ選択ができるような体勢を整えているのも当科の特色です。また眼内レンズ選択とともに眼内レンズの度数決定も重要視しております。詳細な術前検査の施行・検討はもとより、患者様との対話を大切にすることで、おひとりおひとりの生活にあった適切な眼内レンズ度数決定を行い、視能訓練士チームとともに患者様のよりよい社会復帰をめざしております。

乱視矯正眼内レンズ(保険診療)も採用しており、術前の角膜形状解析検査等で適応を見極めた上で使用しております。

翼状片(よくじょうへん)

透明ないわゆる黒目といわれる角膜組織に、白目である結膜組織が侵入する病気で、良性の腫瘍の一種です。初期では
視機能に影響はなく、経過観察のみになりますが、進行すると角膜乱視の増強で見にくくなったり、瞳孔中心まで進行した場合には著しい視力低下を起こします。点眼での治療は難しく、適切な時期の手術が治療になりますが、再発することがよくあり、再発しない工夫を考慮した手術が必要です。
当科では見かけだけの状態ではなく、角膜形状解析を用いて乱視の進行を評価した上で手術の適応を判断しています。

目にやさしい翼状片手術

痛みに敏感な部位の手術になるため、1泊入院での手術をおすすめしていますが、ご希望で日帰り手術の選択も可能です。
翼状片の単純切除のみでは、高率で再発の心配がありますので、当院では、翼状片切除に加え、マイトマイシンCという抗癌剤の術中塗布や、強膜露出法という再発予防を考えた縫合法をはじめ、有茎弁移植といって、翼状片切除後に切除部分に正常結膜を移動させて縫合する術式などで、再発の低い手術をめざしています。また患者様の異物感の軽減させる目的で、治療用コンタクトレンズをのせて手術終了しています。手術で使用する縫合糸については、吸収糸にして抜糸を省略するという方法はとらず、必ず術後1週間前後で抜糸を行うことで、患者様の異物感の解消のみならず、縫合糸の刺激で再発のリスクが上がらないように配慮しています。

帯状角膜変性症(たいじょうかくまくへんせいしょう)

リン酸カルシウムなどのカルシウム塩が角膜に沈着して、透明な黒目である角膜が白濁する病気で、炎症性眼疾患に 続発する場合や、高カルシウム血症を起こす全身疾患が原因となる場合があります。多くが角膜の周辺(3時9時方向の輪部)から水平方向に帯状に混濁が進行していくので、初期では視機能に影響を及ぼさないものの、進行して瞳孔領まで混濁が及ぶと視力障害をきたします。治療は混濁部分の切除で、方法としてはメスを使用した角膜表層切除術の他、エキシマレーザー(当院では現在エキシマレーザーの治療は行っておりません)や薬品を用いた方法があります。角膜変性症の中では比較的よくみられる疾患で、進行がゆっくりであるため経過観察のみとなっていることが多い疾患ですが、当院では瞳孔領まで進行した症例に対しては、積極的に手術加療を行っています。

負担の少ない塩酸処理による帯状角膜変性症の治療

当院では塩酸を用いた手術を積極的に行っております。点眼麻酔後に角膜上皮を除去した病変部に塩酸を作用させて混濁を除去します。手術時間も短く、日帰りまたは1泊入院での手術が可能です。適応は限られますが、エキシマレーザー(当院ではエキシマレーザーは導入しておりません)を用いた治療でみられる術後の遠視化や角膜の菲薄化といった問題が少なく、費用面での負担もかなり軽く済みます。塩酸の過剰塗布による酸腐食の副作用がでないような手術を心がけていますので、術後の乱視についてもあまり問題になることはありません。塩酸処理でとれない混濁についてはメスによる角膜表面切除を併せて行っています。

輸入角膜を用いた角膜移植

感染症を含む眼炎症疾患やレーザー手術を含む眼科手術や外傷が原因で、本来透明な組織である角膜が混濁したり、角膜の菲薄化が進行して穴があきそう(もしくはあいてしまった)な場合などに、病気の角膜を透明な角膜に置き換える角膜移植術が有効ですが、当院では輸入角膜を使った角膜移植術を行っております。現在、移植する角膜(ドナー角膜)は日本国内で不足しており、手術を長期間待たなければならないのが現状です。当院ではその打開策として、アメリカのアイバンクの協力を得て、アメリカから角膜を輸入することで、外来での申し込みから1,2ヶ月先に設定する手術日にほぼ予定通りの手術(2018年度で13件)が可能となっております。

これまで全層角膜移植という移植方法が多く行われてきましたが、近年は全層角膜移植に加え、病変部を選択的に交換する角膜パーツ移植という概念が普及し、当院でも適応をよく見極めた上で、全層角角膜移植に加え、表層、深層角膜移植術、そして特に水疱性角膜症に関しては角膜内皮移植(DSAEK:Descemet’s Stripping Automated Endothelial Keratoplasty)を積極的に行っております。DSAEKは全層角膜移植に比べると、術後の乱視も少なく、視力回復が早い上、縫合糸のトラブルがない、拒絶反応が少ない、外傷に強いなど多くのメリットがあります。
そのほか、角膜穿孔などの緊急ケースに関しては、保存角膜による角膜移植を施行することも可能です。羊膜移植は現在行っておりません。

角膜移植を考慮するのは、以下の疾患になります。よく診察した上で適応を考え、手術を行っております

  • 水疱性角膜症(内眼手術後、レーザー虹彩切開術後、フックス角膜ジストロフィ、外傷後等)
  • 円錐角膜
  • 角膜白斑
  • 角膜変性症(フックス角膜ジストロフィ、角膜実質ジストロフィ等)
  • 感染性角膜炎
  • 角膜穿孔
角膜感染症(かくまくかんせんしょう)

角膜感染症は角膜に病原性を持った微生物が繁殖する疾患で、病巣部では透明な角膜が混濁していきます。病巣が拡大していきますので、早期に原因の微生物を特定し、それに応じた薬剤を選択することが極めて重要です。当院では微生物検査室と眼科で密な連携を取ることで、鏡検と培養の結果を、速やかに治療に反映できるように努めています。重症例に対しては入院での治療を積極的に行っており、検査結果をすぐに治療に反映させることを心がけています。有効な市販点眼製剤がない真菌感染であっても、点滴製剤から院内で点眼に調整することで治療にあたっています。病状が悪化し、角膜穿孔を起こすような場合は、保存角膜による応急的な手術も可能で、当院は診断から治療まで一貫して角膜感染症に対する診療が行える数少ない医療機関の一つになっています。重症の角膜感染症の場合は、治癒した後も角膜混濁が残存し、視力があまり回復しないことも多々あります。病状によっては、視力改善のために、一定期間後に角膜移植で対応することもあります。

円錐角膜(えんすいかくまく)
専門外来による治療

現在は火曜日午後の円錐角膜外来(完全予約制)で角膜形状異常を伴う疾患の 診療を行っております。円錐角膜や眼鏡矯正が困難な角膜不正乱視には、オー ダーメイドのハードコンタクトレンズ処方による治療が有効で、処方したレン ズは角膜形状に合わせて微調整が可能です。

網膜硝子体疾患(もうまくしょうしたいしっかん)
メディカル網膜

外来で加齢黄斑変性症、糖尿病網膜症、黄斑浮腫、中心性網脈絡膜症、網膜動脈閉塞症、網膜静脈閉塞症などの網膜疾患の治療を数多く手がけております。光学的干渉断層計(OCT-2000)や蛍光眼底造影検査(FA)等の機器を用いて、病態を正確に把握した上で治療方針の決定を行っています。具体的には、レーザー光凝固をはじめ、トリアムシノロンのテノン嚢下注射や抗VEGF剤(アイリーア・ルセンティス)の硝子体注射を数多くやっております。

硝子体手術

外科的治療が必要な網膜硝子体疾患については、病状によっては対応困難な場合があり、他の専門医療機関にご紹介させていただくことがあります。

緑内障(りょくないしょう)

緑内障は視神経が進行性に傷害され、視野障害が生じる疾患で、初期には自覚症状がないことがほとんどで、人間ドックや、眼科受診の際にたまたま見つかることが多いです。治療は眼圧下降になりますが、眼圧が正常な正常眼圧緑内障が日本人には多く、生涯にわたって治療や眼科での経過観察が必要になることが多いため、最初の診断がとても重要です。緑内障か否か、そして緑内障である場合はその病型や進行度を診断して、薬物(主に点眼)、レーザー、手術といった治療を選択していきます。診断には視野検査(Humphly ・ゴールドマン視野計)に加え、OCTによる画像診断も取り入れています。

治療は点眼の継続治療のみですむことも多く、そのような診断ができれば、点眼を継続しながら眼圧のコントロールを二人三脚でしていただけるような地域のかかりつけ医の先生をつくっていただくことが重要になりますので、当院から地域の先生をご紹介させていただいております。

また手術療法が適当と判断した場合、専門病院へご紹介させていただくことがありますが、低侵襲緑内障手術(MIGS)というここ数年で提唱されるようになった目に負担の少ない緑内障手術(当院では鼻側線維柱帯切開術の眼内法)を白内障手術と同時に行っており、従来の緑内障手術より短い入院期間(3,4日)での治療が可能となっています。低侵襲緑内障手術(MIGS)は、眼圧下降効果はやや弱く、術後も緑内障の点眼治療の継続が必要になることがほとんどで、追加の手術が必要になることもありますが、術後管理のための診察や処置が濾過手術に比べ極めて少なく、白内障のある状態であれば特に、まず白内障手術と同時に試みるべき緑内障手術と考えています。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

当院ではまぶたの疾患に対する外科的治療はあまり行っておりませんが、外来にて眼瞼痙攣に対するボトックス治療を行っております。予約申請が必要な薬剤ですので、初診当日に治療を開始することはできません。過剰投与による眼瞼下垂等の副作用が最小限になるよう心がけています。

地域医療機関の先生方へ

現在常勤3名体制のため、ご紹介枠が十分とれず大変ご迷惑をおかけしておりますが、地域医療室を通してのご予約がなく紹介状を持参されご来院いただいた場合、かなりの診察待ち時間を頂戴しております。できるだけご紹介患者様のご予約を宜しくお願い申し上げます。もちろん緊急の場合等、事情のある場合はその限りではございません。

医師紹介

  • 原田 純 (はらだ じゅん)

    原田 純
    診察日 予約診(火曜日、木曜日)、地域紹介(月曜日:午前、金曜日:午前)
    役職 眼科部長、角膜センター長
    主な
    専攻分野
    角膜、難治性白内障
    所属学会・
    資格等
    日本眼科学会専門医、日本角膜学会、日本眼科手術学会、日本IOL屈折矯正学会、日本眼科医会、大阪府眼科医会
    略歴 平成 8年 大阪大学医学部 卒業

    平成 8年 大阪大学医学部附属病院 研修医

    平成 9年 市立堺病院 眼科

    平成14年 国家公務員共済組合連合会大手前病院 眼科医長

    平成28年 同上 角膜センター長

    平成30年 同上 眼科部長
    ひとこと 水疱性角膜症に対する角膜内皮移植術や全層角膜移植術などの手術加療を中心として、角膜感染症については微生物検査室と積極的に連携を取り、原因菌の同定に努め、適切な薬物療法を早期から行えるように取り組んでおります。
  • 橋本 夏子 (はしもと なつこ)

    診察日 予約診(月曜日、水曜日、金曜日)、地域紹介(火曜日:午前、木曜日:午前)
    役職 眼科医長
    主な
    専攻分野
    眼科一般
    所属学会・
    資格等
    日本眼科学会専門医、日本眼科医会、大阪府眼科医会、A型ボツリヌス療法講習機構 A型ボツリヌス毒素製剤ボトックス講習・実技セミナー修了
    略歴 平成11年 京都府立大学医学部卒業

    平成11年 大阪大学医学部付属病院

    平成12年 多根記念眼科病院 眼科

    平成15年 市立豊中病院 眼科

    平成21年 同上 眼科医長

    平成22年 公立学校共済組合近畿中央病院 眼科医長

    平成30年 国家公務員共済組合連合会大手前病院 眼科医長
  • 井口 智詠 (いのくち ちえ)

    役職 レジデント

休診・代診情報

日付 曜日 担当 備考
2021年6月30日 橋本 休診

外来担当表

眼科

午前

-

藤野

井口

-

原田(純)

吉川

-

-

橋本

溝岡

-

手術

原田(純)

井口

-

-

-

外来担当

橋本

-

午後

-

-

手術

原田(純)

橋本(第2・4週)

手術

-

-

手術

原田(純)

井口

-

-

橋本

-

Access
最寄り駅

大阪メトロ谷町線「天満橋駅」下車
1・3番出口より徒歩約5分

京阪電車「天満橋駅」下車徒歩約5分

JR東西線「大阪城北詰駅」下車徒歩約15分

住所

〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1-5-34

アクセス情報を見る