診療科・部門・センターのご案内

消化器外科

診療科の特徴と診療内容

診療の特徴
  • 消化管(胃・大腸)、胆石症、虫垂炎、鼡径ヘルニアの手術は腹腔鏡手術を原則としています。
  • 癌の診断後は手術待機期間が極力短くなるように努めています。特に癌の緊急症(Oncologic Emergencyとよばれるもの)に関しては優先的に対処しています。
  • 救急疾患、緊急症例にも対応しています。
  • 高度進行癌や再発癌に対しては手術、化学療法、放射線治療を組み合わせて集学的治療を行っています。
  • 根治が得られなかった癌患者さんに対しては、化学療法、緩和的治療まで当科で切れ目なく治療を行います。
診療内容
悪性疾患(癌)
  • 上部消化管:胃癌、食道癌、GIST(消化管間質性腫瘍)
  • 下部消化管:大腸癌、小腸癌
  • 肝胆膵: 肝癌、胆嚢/胆管癌、膵癌
良性疾患
  • 機能性疾患(食道裂孔ヘルニア、直腸脱、痔核/痔瘻)
  • 体表疾患(ソケイヘルニア、臍ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア)
  • 胆道疾患(胆石症、総胆管結石)
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)
緊急疾患(胆嚢炎、虫垂炎、消化管穿孔、絞扼性イレウス、ヘルニア陥頓)
その他 脾臓、副腎腫瘍、体表/腹腔内リンパ節生検 胃瘻造設

癌診療に関して

  • 病名告知
    癌治療を行う上で癌の告知は必要と考えています。病名はもちろんのこと、病状も理解いただいたうえで患者さん、医療スタッフ両者が同じ方向性をもって診療にあたることが必要と考えます。
  • 根治的治療
    消化器癌において「根治」を得るには切除(手術治療)が一番の近道です。ただし手術のみでは根治が得られにくい場合には化学療法(抗癌剤医療)や放射線治療を併用して根治の可能性を高めます。
  • 緩和的治療
    残念ながら根治が得られない(難しい)患者さんに対しては進行を遅らせ、症状を軽くする治療が必要になります。これを緩和的治療といいますが、手術で行う緩和的治療もあります。癌によって胃腸の一部が通らなくなった場合、これを切除するのではなく迂回(バイパス)したり人工肛門をつくったりすることで飲食/排泄の経路を確保することがあります。当科ではこういった患者さんに対する緩和的手術も可能な限り行っています。

腹部救急疾患に対する外科治療

急性腹症(急激な腹痛や徐々にひどくなる腹痛)では緊急手術が必要になるものも少なくありません。その代表的なものを紹介します。

  • 急性胆嚢炎
    多く場合は胆嚢内の石が胆嚢頚部(胆嚢の出入口)に陥頓(はまり込んだ状態)を生じて胆嚢炎を生じます。可能な限り緊急で胆嚢をとる手術(腹腔鏡下胆嚢摘除術)を行います。他の病気があるなどの理由で全身状態が悪い場合には胆汁を外に逃がす(経皮経肝胆嚢ドレナージ:PTGBD)と抗生剤治療で全身状態を改善してから手術を行います。胆嚢を取ることで後遺症や生活の制限はありません。
  • 急性虫垂炎
    大腸の始まり(盲腸)の先に虫垂という組織があり、それが炎症を起こして腫れ上がった状態です。通称「もうちょう」と言われるものです。緊急で手術(腹腔鏡下虫垂切除)を行いますが、虫垂の炎症が高度な場合は小腸~大腸の一部も含めた切除(回盲部切除)が必要になります。回盲部切除を避けるため、抗生剤治療で炎症を抑え、その2か月後以降に虫垂切除を行う方法(Interval appendectomy)という方策もあります。
  • 絞扼性イレウス
    腸間膜がねじれて血流障害を生じ、その結果腸管が壊死する可能性のある腸閉塞で、複雑性イレウスとも呼ばれます。腸管の壊死が無くても「絞扼」と診断されれば手術治療が原則です。絞扼解除のみですめばいいのですが、腸管がすでに壊死していた場合は腸管切除が必要になります。
  • 消化管穿孔
    昭和の時代は胃十二指腸潰瘍の穿孔が多かったのですが、現在では大腸癌による腸閉塞で穿孔する例が多くなっています。穿孔の原因(癌かそれ以外か)、穿孔の部位(胃十二指腸、結腸、直腸)によって対処方法、術式ばかりでなく、生命の危険度(救命率)が異なってきます。

臨床研究

<pclass="mb10">参加中の臨床研究の情報を公開しています。
課 題 名研究期間情報公開文書
「 StageⅢ結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としての日本人におけるXELOX療法の有効性・安全性の検討-PhaseⅡ試験-」の追跡調査(観察研究) 2020年1月22日 ~ 2024年3月31日 情報公開文書.pdf
「T1,T2下部直腸癌に対する補助療法併用縮小手術の評価 第Ⅱ相臨床試験」の追跡調査 2020年1月22日 ~ 2024年3月31日 情報公開文書.pdf
「胃癌術後炎症反応に関する多施設共同後ろ向き調査研究」の追跡調査 2020年4月21日 ~ 2022年3月31日 情報公開文書.pdf
外科症例臨床データベースを利用した臨床調査研究 2020年9月16日 ~ 2027年12月 情報公開文書.pdf
トラスツズマブ治療歴のあるHER2陽性切除不能進行・再発胃癌患者に対する
3次治療以降の単剤治療成績に関する後向き観察研究
2020年9月16日 ~ 2021年3月31日 情報公開文書.pdf

医師紹介

  • 大口 善郎 (おおぐち よしろう)

    大口 善郎
    役職 顧問
    所属学会・
    資格等
    (経歴)日本外科学会外科専門医・指導医、日本消化器外科学会認定医・指導医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本医療マネジメント学会、厚生労働省臨床研修指導医、厚生労働省臨床修練指導医
    略歴 昭和48年 大阪大学医学部卒業

    昭和49年 大阪労災病院外科

    昭和52年 大阪大学医学部付属病院

    昭和58年 国立呉病院外科

    昭和61年 アメリカ合衆国ミネソタ州立大学(2年間)

    平成 2年 大手前病院外科・部長

    平成 5年 同診療部長

    平成10年 同副院長

    平成12年 大阪大学臨床教授(4年間)

    平成20年 大手前病院長

    平成30年 大手前病院顧問
    ひとこと 大手前病院のモットーである「高度な医療と温かい人情の調和」をこれからも実践していきます。
  • 谷口 英治 (たにぐち えいじ)

    谷口 英治
    診察日 火曜日(午前)
    役職 副院長、外科主任部長、医療技術部長、中央手術部センター長、中央滅菌組立室センター長
    主な
    専攻分野
    上部消化管、腹腔鏡外科
    所属学会・
    資格等
    日本外科学会外科専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本内視鏡外科学会技術認定医・評議員、日本消化器病学会専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、身体障害者福祉法15条指定医
    略歴 昭和60年 信州大学 卒業

    昭和60年 大阪大学医学部附属病院 研修医

    昭和61年 済生会富田林病院 外科医員

    昭和63年 国立呉病院心臓血管外科・呼吸器外科 レジデント

    昭和64年 大阪労災病院 外科医員

    平成 3年 済生会富田林病院 外科医長

    平成 5年 大阪大学医学部研究生

    平成 6年 大阪大学医学部 助手

    平成 9年 大阪大学医学部内視鏡外科学 寄付講座教員

    平成13年 健康保険連合会 大阪中央病院 外科医長

    平成16年 同上 外科部長

    平成26年 国家公務員共済組合連合会大手前病院 外科部長

    平成31年 同上 診療部長
    ひとこと Do My Best。 個々の患者さんにとって最善と思われる治療を一緒に考えていきたいと思っています。
  • 玉川 浩司 (たまがわ ひろし)

    玉川 浩司
    診察日 金曜日(午前)
    役職 消化器外科(消化管)部長
    主な
    専攻分野
    下部消化管、炎症性腸疾患
    所属学会・
    資格等
    日本外科学会外科専門医・指導医、日本消化器病学会専門医、日本消化器外科学会専門医、日本消化管学会胃腸科専門医、日本創傷治療学会、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本臨床外科学会、日本腹部救急医学会、日本大腸肛門病学会、近畿外科学会評議員
    略歴 平成 5年 大阪大学医学部 卒業

    平成 5年 大阪大学医学部附属病院 研修医

    平成 6年 川崎病院 外科

    平成 8年 国立呉病院 レジデント

    平成 9年 大阪厚生年金病院 外科医員

    平成15年 大阪医療刑務所 法務技官医師

    平成17年 米国ヴァージニア大学医学部消化器病学 研究員

    平成20年 大阪府立急性期・総合医療センター 外科医長

    平成22年 同上 外科副部長

    平成25年 国家公務員共済組合連合会大手前病院 外科医長

    平成28年 同上 消化器外科部長
  • 柏﨑 正樹 (かしわざき まさき)

    柏﨑 正樹
    診察日 月曜日(午前)
    役職 消化器外科(肝・胆・膵)部長
    主な
    専攻分野
    肝胆膵外科、腹腔鏡外科
    所属学会・
    資格等
    日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本肝胆膵外科学会高度技能指導医・評議員、日本消化器病学会専門医・指導医・近畿支部評議員、日本内視鏡外科学会技能認定医、日本胆道学会指導医、日本肝臓学会専門医・指導医、日本膵臓学会認定指導医、近畿外科学会評議員
    略歴 平成  5年  東北大学卒業

    平成  5年  仙台社会保険病院 外科研修医

    平成  8年  川西市立川西病院 外科

    平成 10年  大阪大学医学部附属病院 消化器外科

    平成 14年  国立大阪病院 外科

    平成 16年  大阪大学大学院 医学博士

    平成 16年  独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター 外科

    平成 19年 兵庫県立西宮病院 外科医長

    平成 25年  同 外科・消化器外科部長

    平成 28年  大阪急性期・総合医療センター 消化器外科副部長

    平成 29年  同 消化器外科部長

    平成 30年  国家公務員共済組合連合会大手前病院 消化器外科(肝・胆・膵)部長
    ひとこと 阪神地区の中核施設で肝胆膵手術の経験を積んで参りました。 「患者さんと真摯に向き合い、専門医として分かりやすく説明し、修練を積んできた技量を提供すること」を今後も愚直に続けて参ります。
  • 斎藤 百合奈 (さいとう ゆりな)

    役職 医員
    所属学会・
    資格等
    日本外科学会外科専門医

    日本消化器外科学会専門医

    日本がん治療認定医機構がん治療認定医

    日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医

    日本静脈経腸栄養学会・日本外科代謝栄養学会 NST医師

    日本内視鏡外科学会
  • 辻村 直人 (つじむら なおと)

    役職 医員
    所属学会・
    資格等
    日本外科学会 外科専門医、日本消化器外科学会 消化器外科専門医、日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 門 威志 (かど たけし)

    役職 医員
    所属学会・
    資格等
    日本外科学会、本消化器外科学会、日本臨床外科学会、日本内視鏡外科学会、日本消化器病学会、日本腹部救急外科学会
  • 松岡 梓 (まつおか あずさ)

    役職 レジデント
    所属学会・
    資格等
    日本消化器外科学会、日本小児外科学会

休診・代診情報

日付 曜日 担当 備考
2020年11月2日 玉川 休診

外来担当表

消化器外科

午前

柏﨑
(肝胆膵)

斎藤
(一般)

谷口
(上部消化管)

-

辻村
(一般)

-

谷口
(一般・上部消化管)

門(1,3,5週)
松岡(2,4週)

玉川
(消化器・下部消化管)

-

午後

玉川
(消化器・下部消化管)

ストーマ外来
(認定看護師)

-

-

ストーマ外来
(認定看護師)

Access
最寄り駅

大阪メトロ谷町線「天満橋駅」下車
1・3番出口より徒歩約5分

京阪電車「天満橋駅」下車徒歩約5分

JR東西線「大阪城北詰駅」下車徒歩約15分

住所

〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1-5-34

アクセス情報を見る