ホーム > 当院について

当院について

2017Oguchi.JPG

みなさま大手前病院のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。トップページにありますように大手前病院には"KKR"という冠がつけられています。これは国家公務員共済組合連合会(KKR)を母体とする公的施設に準じた病院として設立されたことから由来したものではありますが、私たちはこれを「こころ(KKR)」と読みかえて心のこもった医療をみなさまに提供したいと思っております。開設は昭和26年(1951年)で場所は大阪城を見晴らすお濠端であり今も変わっていません。以来家庭的で暖かい雰囲気の中で最高の医療を提供することをモットーとして参りました。建物は平成16年9月に全面建て替えしたもので機密性が高く車が頻繁に行きかう道路に面しているとはとても思えない内部の静かさであり、高性能エアコンにより冬は暖かく夏は涼しく居住環境は快適です。

大手前病院は大阪府が「がん診療拠点病院」の認定を開始した平成21年4月に最初の認定をうけた病院の一つです。「全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう」という国の考えに従って日進月歩のがん治療を最新の知識でおこなっています。がん疾患以外には循環器内科・心臓血管外科が担当する心臓血管疾患、神経内科・脳神経外科が担当する脳卒中、腎臓内科・泌尿器科が担当する腎臓疾患に力を入れ、それらの原因となる糖尿病や代謝疾患を代謝内分泌内科が扱っています。このような体制をわれわれはひとことで「がんと血管病変のトータルケア」と呼んでいます。また、国が推奨する「働きながらがん治療をうけられるよう」に対応するため、放射線治療は朝8時からうけられるようにしています。

これからの高齢社会に対する取り組みも重要です。呼吸器疾患は高齢者を苦しめ、骨や関節疾患は自らが動ける生活を奪います。平成29年4月に新たに呼吸器センターを開設しました。当センターでは肺がんをはじめとする悪性腫瘍のほか呼吸器疾患全般を扱います。そのためセンター長として中皮腫などアスベスト関連疾患では全国のリーダー的医師・研究者のお一人である中野孝司先生をこのたびお迎えし、呼吸器センター長ならびに臨床研究センター長として当院の呼吸器診療と臨床研究のさらなるレベルアップをお願いすることとしました。また、骨や関節疾患を扱う整形外科に専門領域別に医師を配置して急性期からリハビリテーションまで一貫した治療をおこなっています。さらに「できることならいつまでも住み慣れた我が家で人生の最後を迎えたい」という誰しもの願いを叶えられるよう、在宅支援のシステムとして入院では「地域包括ケア病棟」、外来では「在宅支援外来」を開設して「ほとんど在宅・たまに病院」を実現できるよう、地域で開業されている先生方・訪問看護ステーション・様々なタイプの老人施設と連携する体制を整備しています。がん治療では「緩和ケア」もこれからの高齢社会では在宅も見据えていく必要があることから、入院患者様に対しては「緩和ケア回診」、退院していただいた患者様に対しては「緩和ケア外来」と、入院・通院に切れ目のない緩和ケア診療をおこなっています。また、不定期ですががん患者さんやご家族の情報交換の場として「患者サロン」を開設しています。当院にかかっておられない患者さんも参加できます。詳しくはがん相談支援センターにお問い合わせください。

また、病気に夜昼はないことから2次救急医療(=入院や手術を必要とする病状)にも力をいれています。内科・外科・循環器、整形外科領域の患者様を24時間365日受け入れ可能な体制をしいています。このような救急体制・地域との医療連携体制が大阪府から評価され、平成24年以来「地域医療支援病院」の認定もうけています。

このほか、脳神経外科がおこなっている「脳深部刺激療法(DBS)」、大阪府ではいち早く放射線科がはじめた「内視鏡を用いない大腸検査(CTを用いたバーチャル大腸内視鏡=大腸CT」、医師も技師も全員女性の「乳腺外来」など特色ある診療もおこなっています。個々の診療については関係する診療科のページをご覧ください。また、伝統ある健康管理センターは国家公務員のみならず一般企業や地域の方々の健康管理に当たっています。メタボリックシンドロームなどの生活習慣病や各種疾患の予防や早期発見に威力を発揮しています。

大手前病院には教育施設としての重要な役割もあります。大阪大学医学部をはじめ近畿一円の大学と連携した医師の教育研究関連施設としての役割のみならず、大手前病院独自のプログラムによる研修医の育成もおこなっています。また看護師・薬剤師・放射線技師・臨床検査技師など多くの職種においても近畿一円の多くの医療系大学・教育機関からの実習を受け入れ人間性と実践力をもった専門職を養成することをめざして教育に励んでいます。

最後に、私たちは医療の質を維持・向上させるために国際基準であるISO9001と、公益財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価という2つの外部評価の認証を継続しています。でも病院内に設置してあるご意見番にはお褒めの言葉とともにお叱りの言葉も頂戴しており取り組みはまだまだ不十分と思っています。大手前病院をご利用いただくすべての皆様に喜んでいただけるよう、これからも努力してまいります。

病院長  大口 善郎

「当院について」に関連するページ