採用案内

ホーム > 採用案内 > 後期研修医(レジデント募集) > 内科系後期研修プログラム

内科系後期研修プログラム

  1. 3年次(後期1年目)研修は、内科系診療科から選択してローテーション研修を行う。
  2. 3年次研修終了時に、日本内科学会認定医受験資格(注1)の取得をめざす。
  3. 4年次(後期2年目)研修は内科系診療科 (消化器、呼吸器、代謝・内分泌、神経、血液、腎臓、循環器)を専攻し、各専門領域の学会専門医資格取得をめざす。研修者は希望すれば、専門領域以外の内科系診療科研修も可能で、日本内科学会専門医受験資格(注2)の取得をめざす。
  4. 4年次終了後、希望者はさらに研修継続が可能である。
  5. 研修終了後、当院に就職を希望する者には、研修内容を評価した上で採用を検討する。
  6. 当院での研修終了後に大学病院など他施設での研修を希望する者には、専攻科の責任者の所属する大学医局を通じて、研修先を斡旋する。

(注1):初期研修期間の2年を含む、日本内科学会認定医制度教育病院での3年以上の研修で受験資格が与えられる。

(注2):認定内科医取得後、日本内科学会認定医制度教育病院での3年以上の研修で受験資格が与えられる。

内科系後期研修プログラムのページ一覧