診療科のご案内

ホーム > 診療科・部門のご案内 > 腎臓内科

腎臓内科

 

役職・氏名 所属学会・資格等 写真
医療部長
 内科主任部長
腎臓内科部長
血液浄化センター長
杉浦 寿央
日本内科学会総合内科専門医・指導医・近畿支部評議員
日本腎臓学会専門医・指導医・評議員
日本透析医学会専門医・指導医・評議員
大阪大学臨床教授
医学博士(大阪大学)
102243.jpg
腎臓内科医長
中森 綾
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
 
医員
山口 嘉土
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
日本アフェレシス学会
日本高血圧学会
 
医員
赤垣 冬子
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
 
医員
岡本 和大
日本内科学会
日本腎臓学会
日本透析医学会
 

診療科の特徴と診療内容

腎臓内科の概要

 大手前病院腎臓内科では近隣の医療機関との病診連携を重視しながら、地域における腎臓内科の基幹
病院として診療を行っています。
 慢性腎臓病(CKD)診療は当科における最重要課題であり、特に力を入れているのが以下の3点です。

           1. 腎炎・ネフローゼの早期発見・早期治療(腎生検の推進)
           2. 保存期CKDにおける病診連携の強化
           3. 末期腎不全における円滑な透析導入

また、CKD以外にも、急性腎障害(AKI)や電解質異常など腎疾患全般を対象に診療を行っています。
4名の腎臓専門医を中心に、回診、カンファレンス、日々のミーティング等を通じて情報を常に共有し、
診療科として診療方針の統一をはかり、質の高い医療を提供できるよう心がけています。

主な疾患の治療方針

 

腎炎・ネフローゼ ~寛解を目指した早期治療~

 慢性糸球体腎炎やネフローゼ症候群は、腎生検の結果に基づいて的確に早期治療を行うことで、寛解や治癒を目指します。IgA腎症、1次性ネフローゼ症候群、急速進行性糸球体腎炎は難病に指定され、2017年には新たな診療ガイドラインが公表されました。慢性糸球体腎炎で最も多いIgA腎症に対しては、扁透析摘出術+ステロイドパルス療法実施し、8割を超える臨床的寛解率が得られています。ネフローゼ症候群や急速進行性糸球体腎炎の治療は、原疾患に応じてステロイドや各種免疫抑制薬をガイドラインに準拠して組み合わせて実施しています。

常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD) ~トルバプタン治療~

ADPKDも難病指定されている腎疾患の一つで、2017年に新たな診療ガイドラインが公表されました。遺伝性腎疾患としては最も多く、60歳までに約半数が末期腎不全に至ります。ADPKDの進行抑制に利尿薬であるトルバプタンが有効であることが明らかになり、治療薬として認可されました。当科でもトルバプタンの適応となる方に対しては、積極的に使用しています。

保存期CKD(CKDステージG3a,G3b,G4)~集学的治療による進行抑制~

腎障害が既に進行している場合は、治癒を目指す治療は困難ですが、降圧薬による血圧管理に食事療法などを組み合わせることで、腎障害の進行を抑制することが可能です。こうした治療は長期間継続することが重要ですので、かかりつけ医との病診連携を重視しています。
 当科では、適切な降圧薬の選択や食事療法を目的として、クリティカルパスを用いた10日間の入院加療を実施しています。入院時には、必要に応じて腎臓リハビリテーションも実施し、ADLの維持、腎機能の保持に努めています。

末期腎不全(CKDステージG5)~円滑な透析導入~

各種治療にもかかわらず腎不全が進行した場合は、腎代替療法(血液透析、腹膜透析、腎移植)について説明を行い、納得していただいた上で透析療法を開始するようにしています。
 血液透析については、退院後は透析クリニックに通院していただくことになりますが、入院中に十分な導入期指導を行うことで、退院後の透析が円滑に行えるように心がけています。また、必要に応じて腎臓リハビリテーションを実施し、合併症の予防に努めています。透析クリニックとの病診連携も重視しており、慢性透析患者様が各種合併症で入院された際の血液透析にも対応しています。

主な検査

腎生検

健診などで発見された検尿異常に対しては、積極的に腎生検を実施し治療方針決定に役立てています。当院では、クリティカルパスを用いた5日間の検査入院を実施しています。病理部の協力により腎生検の迅速な診断が可能であり、5日間の入院中に生検結果と治療方針の説明を行っています。

腎超音波ドプラ検査

非侵襲的検査である腎超音波ドプラ検査を積極的に実施し、腎臓の形態に加えて血流も評価することで、CKDの予後予測、治療効果の予測等に活用しています。

地域医療機関の先生方へ

病診連携の推進により地域医療機関の先生方からのご紹介が増え、腎臓内科の新入院患者数もこの10年間で倍増し年間300人を超えるようになりました。原疾患も多岐にわたり、腎炎・ネフローゼ、保存期CKD、末期腎不全(透析)がほぼ同数となっています。
 20192月にはCKDに関するかかりつけ医から腎臓専門医への新たな紹介基準が公表され、同年6月に刊行されたCKD診療ガイドライン2018にもこの基準が採用されています。詳細につきましてはガイドラインあるいは日本腎臓学会ホームページをご覧いただければ幸いですが、尿蛋白陽性あるいは腎機能(eGFR)低下を認める場合には腎臓専門医へ紹介することを基本にしており、これまでよりも紹介要件が簡略化されわかりやすくなりました。
 該当する患者様がいらっしゃいましたら、大手前病院腎臓内科へご紹介を賜れれば幸いに存じます。

CKD相談ノート

専門医に紹介すべきかどうか判断に迷う場合のために、CKD相談シートを用意しました。CKDについて、どのような小さなことでも結構ですので、お気軽にご相談いただければ幸いに存じます。
 
別紙のCKD相談シートにご記入の上、地域医療連携センターまでFAXをお願いします。原則として毎週(火)(金)に腎臓内科部長が回答させていただきます。

受診が必要と判断された際は、改めて正式にご紹介賜れば幸いです。先生方のご利用をお待ち申し上げております。

CKD相談シート(PDF 111KB)
(PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です)

「腎臓内科」に関連するページ