診療科のご案内

ホーム > 診療科・部門のご案内 > 循環器内科

循環器内科

スタッフ紹介

 


 

役職・氏名 所属学会・資格等 写真
循環器内科部長



山田 貴之
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
山田部長.jpg
不整脈治療センター長



土井 淳史

日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
不整脈専門医
ICD/CRTD植込み認定医
難病指定医
医学博士(大阪市立大学)

土井(淳)センター長.jpg
循環器内科医長



佐藤 芙美
日本内科学会総合内科専門医 ・指導医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
ICD/CRTD植込み認定医
医学博士(大阪大学)
 
循環器内科医長



荒木 亮

日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本周術期経食道心エコー(JB-POT)認定医
臨床研修指導医講習会修了
和温療法研修会修了
難病指定医
医学博士(大阪大学)

 
医員

橋本 健太
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会
 
医員

山根 治野
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会
 
医員

田中 慧
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会
 
レジデント

宮崎 直子
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会
 
レジデント

合田 智彦
日本内科学会
日本循環器学会
 

診療科の特徴と診療内容

 当科では急性心筋梗塞をはじめとする循環器疾患への24時間365日診療と患者様本位の医療を基本方針としています。また心不全、不整脈、末梢動脈疾患など様々な疾患に対しても総合的なチーム医療を実践しています。地域の患者様や開業医の先生のお力になれるよう、敷居が低く、頼り甲斐のある循環器内科を目指しております。    

 

取り扱う疾患

◆虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症など) 

 心臓を栄養する冠動脈が細くなってしまうのが狭心症、突然閉塞してしまうのが急性心筋梗塞で、高血圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙などが強く関係しています。当院では積極的にこれらの虚血性心疾患に対する治療に取り組んでいます。特に心筋梗塞は発症からカテーテル治療 までの時間を短くすることが重要なため、胸部不快感など疑わしい症例は24時間体制で積極的に受け入れ、迅速な検査・治療を行っています。また再発予防のための内服加療や生活 習慣指導にも力をいれています。

循環器内科(イラスト)カテ台 .jpg

◆心不全  

    当院では心不全の原因として最も多い虚血性心疾患だけでなく、拡張型心筋症・サルコイド-シスなどの心筋症や心筋炎に対しても心エコー・心臓MRI・心筋生検などを組み合わせて診断・ 治療を行っています。心不全は再入院を繰り返しながら心機能が徐々に低下するため、再入院を予防することが大切です。そのため心臓リハビリテーションに力を入れており、また患者様やご 家族様に病気への理解を深めていただくためハートノートを用いた心不全教室を開催したり、地 域連携を深める取り組みを行っています。また乾式サウナを用いて全身・末梢循環を改善し、重症心不全・下肢虚血を治療できる和温療法を導入しています。

循環器内科(イラスト)和音療法 .jpg

不整脈 

 
一言に不整脈と言っても脈が速い頻脈、脈が遅い徐脈、脈が飛ぶ期外収縮、慢性的なものから発作的に出現するものまで様々です。頻脈性不整脈は、主に内服加療やカテーテルアブレーション、徐脈性不整脈はペースメーカ植込み術を行います。当院では、20194月から高度化する不整脈診療に対応すべく“不整脈治療センター”を設置し、スタッフの技術向上、最新の医療機器の整備に取り組み、頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーションによる治療を積極的に行っています。特に心房細動に対する根治術としてカテーテルアブレーションの発達はめざましく、薬物治療と比較し、洞調律維持率が高く有効性が高い治療法です。その他、対象となる不整脈は、発作性上室性頻拍症(WPW症候群、房室結節リエントリー性頻拍症)、心房頻拍、心房粗動、心室性期外収縮、特発性心室頻拍などでまた、今までは治らなかった複雑な機序の不整脈もカテーテル技術の進歩と最新式の3次元マッピングシステム (CARTO) を用いることにより治療可能な時代になりました。

循環器内科(イラスト)① .jpg











 

 

 





末梢動脈疾患

 末梢動脈疾患は下肢の動脈が狭窄・閉塞してしまう疾患です。しばらく歩いていると足に痛みやだるさが生、休憩すると改善する(間欠性跛行)という症状がでます。また重症化すると安静時疼痛や難治性潰瘍を生じ、最悪の場合は下肢切断に至る可能性もあります。当院では末梢動脈疾患の治療にも力を入れております。最重症例である重症下肢虚血(下肢潰瘍、壊疽など)の治療に、皮膚科、整形外科、専門のコメディカルスタッフと連携をとり、カテーテル治療や和温療法も含めた集学的治療により創傷治癒を目指しています。火曜日に下肢外来を開設いたしましたので、下肢のことでお困りの患者様がおられましたら、一度当院にご紹介ください。



循環器内科(イラスト)下肢カテ写真 .jpg

大動脈疾患(大動脈解離・大動脈瘤)

 急な胸背部痛や腹痛をきたす疾患の中には、死に至る可能性もある大動脈解離や大動脈瘤破裂があります。当院ではそれらの疾患に対しても心臓血管外科と連携をとりながら積極的な治療を行っています。

外来予定表

循環器内科(外来予定表)20190601 .jpg

診療実績・認定研施設

循環器内科(実績・施設)20190601 .jpg

臨床研究

 参加中の臨床研究の情報を公開しています。

課 題 名
研究期間
情報公開文書

左室収縮能が保たれた心不全患者に対するAdaptive servo-ventilation治療有効性の後ろ向き検討

2019年5月22日 ~   
2021年3月31日
情報公開文書.pdf

カテーテルアブレーション症例全例登録プロジェクト(J-ABレジストリ)

2019年7月17日 ~   
2030年3月31日
情報公開文書.pdf

 

 

 

 

「循環器内科」に関連するページ