診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 血液内科

血液内科

 

診療部長
三井 秀紀
所属学会・資格等
日本血液学会専門医・指導医・代議員
近畿血液学地方会評議員
日本内科学会認定医
造血細胞移植専門医
血液内科部長
釜江  剛
所属学会・資格等
日本血液学会専門医
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
造血細胞移植専門医
化学療法科医長
齋藤 則充
所属学会・資格等
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本血液内科学会会員
血液内科レジデント
村上 拓
所属学会・資格等
日本内科学会

診療科の特徴と診療内容

 血液専門医による外来を開設し、いつでも対応できる体制を整えています。医師、看護師、薬剤師による協力体制を構築しており、患者さんが安心して入院及び外来治療が受けられるようにチーム医療に取り組んでいます。また、治療にあたり十分なインフォームドコンセントを行っており、セカンドオピニオンの活用を積極的に勧めています。

診療内容
 急性白血病、慢性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液悪性疾患、特発性血小板減少性紫斑病、自己免疫性溶血性貧血など

治療
 悪性リンパ腫や多発性骨髄腫などでは、初回は入院で化学療法(抗がん剤投与)を行い、2回目から外来で行います。入院での治療から、スムーズに外来治療に移行できるよう、外来治療室のスタッフと連携を取り、退院前にオリエンテーションを行っています。  急性白血病や再発・難治悪性リンパ腫、65歳以下の多発性骨髄腫の患者さんなど大量化学療法により治癒が望める可能性のある疾患に対しては、防護環境(無菌室)を4床設置し、大量化学療法、自家末梢血幹細胞移植併用大量化学療法などを実施しております。血縁者に適切なドナーがおり、同種移植の適応である患者さんには、血縁者間同種造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植)を実施しております。  近年、人口の高齢化に伴い、フレイル状態の患者が増加しております。患者ごとの全身状態に合わせた治療を選択し、QOLの向上を目指しています。

 

bed1.jpg

bed2.png

診療実績
2015年度
急性白血病 39例  悪性リンパ腫 59例 多発性骨髄腫 15例 骨髄異形成症候群 14例

臨床研究
以下の研究グループに参加しています。
JALSG (Japan Adult Leukemia Study Group):急性白血病など
JSCT研究会:血縁者間HLA半合致移植など
日本PNH研究会:SUPREMACY  阪大CBCなど

「血液内科」に関連するページ