診療科のご案内

ホーム > 診療科のご案内 > 脳神経外科

脳神経外科

 

 

名誉院長
生塩 之敬
経歴
元大阪大学講師
熊本大学名誉教授
前熊本大学付属病院長
日本脳腫瘍学会,その他国内学会を会長として主催
第一回アジア脳腫瘍学会会長、現・名誉会長
世界脳腫瘍学会,その他国際学会運営委員
日本癌治療学会理事,評議員、現・功労会員
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳神経外科学会評議員、現・特別会員
専門
脳腫瘍、不随意運動の外科治療(DBS)
脳神経外科部長
脳神経センター副センター長
圓尾 知之
経歴
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会認定専門医
日本定位機能神経外科学会技術認定医
日本神経内視鏡学会・技術認定医
日本脳神経血管内治療学会会員
日本てんかん外科学会会員
日本てんかん学会会員
日本小児神経外科学会会員
日本疼痛学会会員
専門
脳神経外科一般
脳神経外科医員
清水 豪士

経歴
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会
日本脳神経血管内治療学会
日本てんかん学会
日本定位・機能神経外科学会
日本ニューロモジュレーション学会
日本疼痛学会
日本臨床神経生理学会
医学博士
専門
脳神経外科一般
機能外科

非常勤
後藤 惠
経歴
徳島大学 大学院医歯薬学研究部 特任教授
専門
不随意運動症の外科治療(DBS)

診療科の特徴と診療内容

 大手前病院脳神経外科では、脳神経外科領域のあらゆる疾患に高いレベルで対応できる施設として大阪大学医学部附属病院やその他の大学病院、関連病院の各分野の専門医と連携を密にして診療を行っています。また、24時間体制で救急対応を行っており、いつでも地域の皆様方のお役に立てる脳神経外科をめざしています。また、当院は大阪大学脳神経外科の関連施設であり、日本脳神経外科学会専門医や日本脳卒中学会専門医が常勤として診療・手術にあたっています。さらに当院の特徴としては国内でも数少ない機能的脳神経外科手術を施行している施設でもあり、パーキンソン病や本態性振戦、ジストニアなどの不随意運動症に対する脳深部刺激療法(DBS)や痙性に対する髄腔内バクロフェン療法(ITB療法)、難治性疼痛などに対する脊髄刺激療法(SCS療法)を数多く行っています。
 当科では治療方針の決定に際して、患者様、ご家族との話し合いの元に、充分納得していただくことを心がけています。また、最新の診療機器および手術機器を導入し、診療手術を行っていることはもちろん、リハビリテーションの充実や地域包括ケア病棟を併設し、最大2か月の入院リハビリテーションを行うことも可能であり、入院から退院までじっくり治療、リハビリ、療養に取り組んでいただける環境が整っています。 。
 2004年より脳神経センター及びパーキンソン病センターが設立され、神経内科、放射線科、リハビリテーション科、看護部、ソーシャルワーカーとの定期的な症例検討会、合同の回診を行っています。

<外来受診について>
脳神経センター(脳神経外科)の診察は原則として予約制を取っております。なお、診療する疾患の特殊性により、お一人の診察時間がかかる場合がありますので、予約外の患者様については診療まで待ち時間がかかる場合もあり、症状によっては別の日に予約をお願いすることがありますので、ご了承ください。

機能的疾患

1) パーキンソン病、ジストニア、本態性振戦に対する脳深部刺激療法(DBS)
 当院では2004年の脳神経外科開設以来、パーキンソン病や本態性振戦、ジストニア(全身性ジストニア、続発性ジストニア、書痙、痙性斜頸、職業性ジストニアなど)等の不随意運動症に対して脳深部刺激療法(DBS: Deep brain stimulation)を積極的におこなっています。 これらの疾患は、初期治療としては内服治療が行われることが多い病気ですが、近年の手術機器の大きな進歩により、以前より行われている脳深部凝固術(脳の一部を熱凝固により破壊する手術)に加えて、脳深部組織(視床下核、淡蒼球、視床)に慢性電気刺激を行うことで症状を改善させる脳深部刺激療法(DBS)が広く行われるようになってきています。そして治療効果の向上とともに、従来の凝固術と比較しても、より副作用の低下などより安全性が高い外科治療として当院での多くの手術を行っています。当院では、神経内科と脳神経外科が連携して脳神経センター部門においてチームを形成し、また徳島大学や大阪大学との連携により、より安全、確実な脳深部刺激療法(DBS)が行われ、これまでに良好な治療成績をおさめています。
 また、DBS専門医(定位機能外科学会認定医)による不随意運動症専門外来も水曜日(午後)におこなっています。

201609末現在.png

2) 慢性難治性疼痛(上肢および腰部下肢痛などの神経障害性疼痛)に対する脊髄刺激療法(SCS : spinal cord stimulation)
 当院では難治性疼痛(神経障害性疼痛が対象)に対して、脊髄刺激療法(SCS療法)を施行しています。
 脊髄刺激療法(SCS療法)は、薬物療法や神経ブロックや根治治療としての手術加療を施行しても、症状が残り、日常生活に支障をきたす患者様にのみ適応される治療法です。脊髄刺激療法(SCS療法)はデバイス植込みが必要な治療で、脊髄表面(脊髄硬膜外腔)に挿入された電極から脊髄後索に伝わる微弱電気刺激によって、痛みの感じる領域に心地良い刺激感を重ねることで、脳への疼痛信号の伝わりが抑制され、痛みが緩和すると言われています。また、効果には個人差がありますので、神経刺激装置を植込む前に脊髄にテスト刺激を行って実際の効果を実感していただいた患者さんに、刺激装置を最終的に埋め込むという手順をとります。海外ではSCS が毎年2 万人に行なわれておりますが、国内では累積で約4 千人にとどまっており認知度はまだ低い状態です。近年、SCS の治療機器が進歩したことにより有効性、安全性が格段に高まりました。今後SCS の難治性疼痛に対する治療効果の向上が期待されています

 

 

scs.jpg SCSイメージ2.png SCSイメージ3.png
脊髄刺激療法(SCS)のイメージ
神経障害性疼痛の原因疾患

対象となる神経障害性疼痛は以下のような様々な原因疾患があります。
〇 脊椎・脊髄疾患を原因とする痛み
頸部・腰部脊柱管狭窄症(神経根障害)
脊椎の手術後に残存または再燃した痛み
癒着性くも膜炎

〇 中枢神経系が原因となる痛み
・脳卒中後の痛み(視床痛や肩手症候群を含む)
・脊髄損傷後疼痛
・多発性硬化症
・脊髄空洞症
・パーキンソン病

〇 末梢神経系が主に原因となる痛み
・幻肢痛や断端痛
・複合性局所疼痛症候群(CRPS: Complex regional pain syndrome)
    →  きっかけとなった外傷や疾病に不釣り合いな持続性の痛み
・帯状疱疹後神経痛
・糖尿病性ニュローパチー

〇 末梢血管障害が原因となる痛み
・ASO(閉塞性動脈硬化症)
・バージャー病
・レイノー病・レイノー症候群

3) 正常圧水頭症
認知障害や歩行障害(不安定なよちよち歩き)、尿失禁などが主な症状で、脳内を流れている脳脊髄液の吸収が障害されるために起こります。当院では、正常圧水頭症ガイドラインに基づき、髄液排除試験を行った後、髄液排出による症状の改善度を評価した後に、治療適応を判断し、シャント手術を施行しています。

4) 痙縮に対する髄腔内バクロフェン療法(ITB療法)
 痙縮の原因としては、脳血管障害後や頭部外傷後、脳性麻痺や脊髄損傷、多発性硬化症、遺伝性痙性対麻痺などの疾患があり、治療は痙縮の程度などを考慮して侵襲の少ない治療から段階的に行います。一般的には、リハビリテーション、内服治療、神経ブロック、ボツリヌス毒素の局所注射、髄腔内バクロフェン療法(ITB療法)が施行されています。
 髄腔内バクロフェン療法(ITB療法)とは、痙縮(筋肉の緊張・つっぱり)に効果のあるバクロフェンというお薬を脊髄周囲の髄腔内に直接持続的に投与することにより、筋緊張を緩和し症状をやわらげる治療法です。
 バクロフェンは抑制性伝達物質のγ―アミノ酪酸(GABA)の誘導体で、代表的な中枢性筋弛緩薬です。バクロフェンは一般的に脳血管関門の通過が難しく、経口での内服では髄液中への到達が難しく、重度な痙縮への効果は不十分と言われています。髄腔内への直接投与法として薬剤を髄腔内に持続注入し、用量調整可能な埋め込み型ポンプが開発され、日本全国でも髄腔内バクロフェン療法(ITB療法)が広く行われるようになってきています。当科では内服治療に加え、ボツリヌス毒素の局所注射療法およびこの髄腔内バクロフェン療法(ITB療法)を施行しています。

                

ITB1.png baclofen.jpg          ITB3.png
用量調整可能な受け込み型ポンプ 髄腔内バクロフェロン療法のイメージ ギャバロン髄注(0.005%、0.05%、0.2%)

【ITB療法の治療の流れ】
① 目標設定
ITB治療1.png 痙縮によって困っていることを先生と話し合い、治療の目標を設定します。

②効果の確認 (スクリーニングテスト)
ポンプを植込む前に、このお薬が患者さんに効果があるかどうか、腰から少量のお薬を注射して効果を確認 します。

③ポンプの植込み手術
ITB治療2.png お薬の効果が確認でき、患者さんが希望される場合は、 ポンプの植込み手術を行います。

④薬液の補充
ポンプに入れたお薬がなくなる前に、お薬をポンプへ補充します。(約3ヶ月に1回の間隔で定期通院となります。ただし補充する間隔は患者さんのお薬の用量によって異なります。)
 パンフレット (バクロフェン療法を受けられる方へ)

 

ITB治療3.png

  

 

 

脳 腫 瘍

この分野は生塩名誉院長が長年専門とし、日本の脳腫瘍診療の第一人者の一人であることから、その知識と経験を生かし、できるだけ後遺症を残さず、なおかつ長期間有意義な生活を送れるように最大限の配慮を行います。そのために十分な検討を行い、最適と考えられる治療法を提案します。

【髄膜腫や聴神経鞘腫】
手術が必要な場合、できるだけ腫瘍を摘出することをめざしますが、大きな後遺症を残さないことに留意し、必要に応じて手術と放射線治療の組み合わせで治療を行います。

【下垂体腫瘍】
下垂体腫瘍に対しては、従来、鼻から顕微鏡を用いて手術を行うハーディー手術が一般的に行われてきました。当院では、より侵襲が少なく、安全な治療法として経鼻内視鏡手術を導入し、良好な結果を得ています。

【神経膠腫】
手術が可能な場合は、できるだけ摘出することが重要です。その後、腫瘍の性質に応じて放射線治療や、化学療法を組み合わせて行います。

脳卒中(脳血管障害)

脳卒中は、生活習慣病の側面が強く、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高コレステロール血症など)、喫煙といった危険因子を取り除く予防が重要です。しかしながら、もし、発症してしまった場合は、一刻も早い治療が求められます。当院では、神経内科、放射腺科との連携により、CTはもとよりMRIの24時間稼動を行っており、これによって、ごく早期の脳梗塞でも発見でき、すぐ治療を開始することができます。早期に脳梗塞との診断のついた患者様には血管につまった血栓を溶解させる血栓溶解療法(t-PA療法)やカテーテルによる脳血栓回収術および局所血栓溶解療法を行っています。

【脳出血】
小さいものは手術しない治療(保存的加療)を行っていますが、大きい出血に対しては、患者様の状態により、開頭血腫除去術のほか、局所麻酔下で行える内視鏡下血腫除去術も施行しています。

【脳梗塞】
超急性期脳梗塞に対してはt-PAによる血栓溶解療法やカテーテルによる局所血栓溶解療法を行っています。

【くも膜下出血】
くも膜下出血は脳動脈瘤の破裂が原因でおこることがほとんどであり、再出血予防が必要になります。再出血予防手術には、脳動脈瘤クリッピング術(開頭術)と、カテーテルによるコイル塞栓術がありますが、当院では、患者様の状態や、動脈瘤の位置、大きさに応じて、最適な手術法を選択しています。

【頸部内頚動脈狭窄症】

 【未破裂脳動脈瘤】

近年、脳ドックなどでの画像検査が発達し、破裂していない状態の脳動脈瘤(未破裂脳動脈瘤)が見つかるようになってきました。破裂すればくも膜下出血という重篤な状態を引き起こします。破裂予防のための治療法としは脳動脈瘤クリッピング術およびカテーテルによるコイル塞栓術を行います。しかし。動脈瘤の破裂率は大きさ、形状、部位によりさまざまで、年間破裂率は約1%程度であり、破裂予防治療には慎重な対応が必要です。当院では、十分な説明を行い、患者様が治療方針を決定されるのに必要十分な情報を提供します。

頭部外傷

【急性硬膜下血腫】

【急性硬膜外血腫】

【慢性硬膜下血腫】

脳神経センター

脳神経外科、神経内科を中心とした脳神経センターという組織であらゆる脳神経疾患に対してチーム医療をおこなっています。脳神経外科、神経内科、リハビリテーション科、看護師、ソーシャルワーカーにより、脳神経センター全ての患者様について毎週、症例検討会を行い、診断から治療、リハビリ、退院までチームとして責任を持って治療にあたります。
 

セカンドオピニオン

当院で診断後、他院でのセカンドオピニオン(別の医師の意見をきくこと)にも対応いたしますので、遠慮なく担当医にお申し出ください。もちろん、他院で診断後、当院でのセカンドオピニオンにも積極的に対応いたします。
 

地域医療機関の先生方へ

当院では脳神経外科領域のあらゆる疾患に対応いたします。頭痛、めまい、手足のしびれ、麻痺、振戦、言語障害、意識障害など神経疾患が疑われる患者様がおられましたら、ご紹介ください。また、救急診療も24時間対応で積極的に行っていますので、よろしくお願いします。
 

「脳神経外科」に関連するページ