診療科のご案内

ホーム > 診療科・部門のご案内 > 神経内科

神経内科

 

役職・氏名 所属学会・資格等 写真
神経内科部長
須貝 文宣
日本神経学会神経内科専門医・指導医
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本脳卒中学会脳卒中専門医
日本リハビリテーション医学会リハ科専門医・近畿地方会幹事・指導医・代議員
医学博士(大阪大学)
102432.jpg
医員
廣澤 太輔
日本神経学会神経内科専門医
日本内科学会認定内科医
日本脳卒中学会脳卒中専門医
日本てんかん学会てんかん専門医
日本臨床神経生理学会認定専門医(脳波・筋電図部門)
日本認知症学会認知症専門医・指導医
 
レジデント
竹内恵理子
日本内科学会認定内科医
日本神経学会
日本神経生理学会
 

診療科の特徴と診療内容

神経内科は、超急性期脳梗塞から神経変性疾患まできわめて幅広い領域を診療しています。脳神経外科とは外来・病棟が共通で(脳神経センター)、脳卒中・神経筋疾患についてほぼ全ての領域に対応できる体制です。さらに、他診療科との連携の良さを生かし各種合併症への対応も十分可能です。

神経疾患の「総合診療医」として

高齢化の進行にともなって、脳卒中やその他の神経筋疾患の患者数はますます増加しています。神経内科診察では、詳細に病歴を聴取し丁寧に神経学的所見をとることが基本であり、検査(画像・電気生理学的検査・採血など)を適宜組み合わせることにより診断を詰めていきます。頭痛・物忘れ・手足のしびれはよくある主訴ですが、たとえ軽症であっても硬膜下血腫・くも膜下出血など重篤な疾患が見つかることがあり、関連診療科と適宜連携をとっています。

脳卒中と急性期リハビリテーション

脳卒中は非常に多い疾患ですが、当科は虚血性脳卒中(脳梗塞)を主に担当し、入院患者様のほとんどが発症後間もない急性期です(出血性脳卒中は主に脳神経外科)。発症4.5時間以内の超急性期症例には適応を厳密に検討しtPA療法(組織プラスミノーゲン・アクチベーター)を積極的に行っています。また病型を、ラクナ・アテローム血栓性・心原性・その他の4つに分類して最適な治療・再発予防法を選択します。必要に応じ、脳神経外科と連携し侵襲的検査(脳血管造影)・治療法(脳血栓回収療法)も行います。
一方、四肢・嚥下機能障害や、失語などの高次脳機能障害を伴うため日常生活動作が著しく損なわれるケースも多く、発症早期からのリハビリテーション(リハ)訓練を積極的に行っています。当院は大阪脳卒中医療連携ネットワークの一員であり(平成26年6月には全体会議を当番病院として担当)、自宅退院が困難なケースでは、医療ソーシャルワーカー(MSW)を通じて適切な回復期リハ病院への転院を進め、急性期から回復期への「継ぎ目のない」リハの実践に努めています。

パーキンソン病などの神経難病

当科では脳卒中だけでなく種々の神経筋疾患を診療していますが、読売新聞全国版では、「神経難病」を数多く診療している医療施設の一つとして掲載されました(平成25年5月5日)。
中でもパーキンソン病は最も代表的な疾患です。動作緩慢、安静時振戦、筋固縮(強剛)、姿勢反射障害の4徴が特徴的で当初は軽症で薬剤反応性が良好ですが、進行期になると症状の顕著な日内変動や不随意運動(ジスキネジア)により、治療に難渋する例が増えてきます。
パーキンソン病は神経難病の中でも使える薬剤の選択肢が多く、症状に応じたきめ細かな投薬調整が大抵の場合は可能です。それでも治療が困難な場合は、脳神経外科との連携の下に適応を厳密に検討して深部脳刺激術(Deep brain stimulation; DBS)を行います。当院脳神経外科はDBS症例数が近畿地方でも特に多く、当院脳神経センターの特徴です。
また、神経難病に対しても種々の障害に対して積極的にリハを行い、単に診断するだけでなくスムーズに当院退院後の生活・療養につなげていけるよう配慮しています。

その他の神経筋疾患

神経内科疾患は中枢神経、末梢神経、神経筋接合部、筋ときわめて多岐にわたります。頭痛、認知症(アルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体型認知症等)、髄膜炎、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)、多発性筋炎、てんかん、など種々の疾患の診断・治療に当たっています。

学会活動

当科では積極的に学会・研究会で発表を行うことで、常に診療レベルの維持・向上を目指しており、若手医師には日本神経学会および内科学会近畿地方会等での発表を奨励しています。最近では、第37回 日本リハビリテーション医学会近畿地方会・学術集会を当番幹事として運営・開催いたしました(当院、平成26年9月20日)。

患者様へ

脳神経センター(神経内科・脳神経外科)の外来診察は原則として予約制をとっております。なお、専門領域の特殊性のため、お一人の診察時間が長くかかります。予約外の患者様につきましては、症状によって別の日に予約をお願いすることがありますので、ご了承ください。

地域医療機関の先生方へ

当科は、脳卒中に限らず神経筋疾患のすべての分野に対応することをモットーに日々診療に当たっております。脳卒中や神経・筋疾患が疑われた場合には是非当科へご紹介ください。当院の地域医療連携センターを通じて迅速に対応させていただきます。また救急の場合につきましても、脳神経外科と連携し常時対応可能ですのでお気軽にご相談ください。


「神経内科」に関連するページ