診療科・部門・センターのご案内

泌尿器科

診療科の特徴と診療内容

前立腺肥大症、前立腺癌や膀胱癌などの尿路悪性腫瘍、尿路結石症、慢性腎不全、神経性排尿障害などの治療を担当しています。客観的な判定基準を用いて症状を評価し、ガイドラインに沿って治療方針を決定しています。症例数の多い手術には、クリニカルパスを作成し、治療経過を患者さんと共有できる体制を取っています。

前立腺肥大症

中高年男性にみられる排尿障害(尿勢の減弱、尿意切迫感、頻尿、残尿感等)の原因となる良性疾患です。治療は先ず、薬物療法を開始し、効果が不十分な場合には、経尿道的前立腺切除術(TUR-P)を行います。大きな肥大症の方には経尿道的前立腺核出術(TUEB)を行います。合併症で手術が困難な場合には尿道ステントの留置を行います。

前立腺癌

前立腺特異抗原(PSA)測定の普及で早期に診断される方が増加し、今や前立腺癌は日本人男性の癌罹患率で一位になりました。当院では生検入院で確定診断後、年齢や病状により、手術、放射線療法、薬物療法等の治療を行います。放射線療法は強度変調放射線療法(IMRT)を導入し良好な結果を得ています。去勢抵抗性前立腺癌には二次内分泌療法や化学療法を行っています。

膀胱癌

経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)を行い、筋層浸潤が無ければ、内視鏡手術のみで治療が完了します。筋層浸潤がある場合には、膀胱全摘除術や化学療法が必要になります。膀胱上皮内癌の場合は、BCGや制癌剤の注入療法により、膀胱を温存します。

腎癌

根治的腎摘除術が基本ですが、4 cm以下の小さな腫瘍の場合には、腎部分切除を行い、腎機能温存を図ります。転移のある症例にはインターフェロン療法、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害剤を用います。

副腎腫瘍

高血圧の精査や超音波検査で偶然発見される副腎腫瘍に対して、胆のう摘出手術と同様に腹腔鏡下副腎摘除術を行います。原発性アルドステロン症、クッシング症候群などの良性腫瘍が適応です。

尿路結石

原則的に2cm以下の腎・尿管結石に対して体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を施行しています。大きな結石やESWLで砕石困難な症例には経尿道的腎尿管結石破砕術(TUL / f-TUL)を行う事により、すべての尿路結石に対応が可能です。

泌尿器科手術を受けられる患者さんへ

大手前病院は、わが国の医療の現状を把握するために立ち上げられた『一般社団法人National Clinical Database』(以下NCD)に参加し、患者さん目線の良質な医療を提供するための取り組みをおこなっています。
そのため、平成23年1月1日以降に大手前病院外科・消化器外科・心臓血管外科・呼吸器外科・乳腺内分泌外科で手術を受けられる患者さんにつきましては、原則としてすべて患者さんの手術データをNCDに登録しております。この登録方法では皆さんの個人情報が不当に漏洩されないような仕組みが確立されています。なお、NCDにつきましては本文後半にNCDより出されている患者さんへの説明文書をそのまま掲載しております。また、大手前病院内では外部委員も交えた倫理審査委員会の承認(平成22年12月24日開催)が得られています。
泌尿器科においても病院長の承認を得て、平成30年1月1日以降に手術を受けられた患者さんにつきましては、個人情報を守りながら原則としてすべての患者さんの手術データを登録致しております。
今後日本で患者さん目線の良質な医療・手術が提供できる取り組みを完成させるため、ぜひともその必要性をご理解いただきたいと思います。

NCDより患者さん向け説明文書
患者さんへ

病院医療の崩壊や医師の偏在が叫ばれ、多くの学会や団体が医療再建に向けて新たな提言を行っていますが、どのような場所でどのような医療が行わているかが把握されていない状況では、患者さん目線の良質な医療は提供できません。そこで日本では、関連する多くの臨床学会が連携し、わが国の医療の現状を把握するため、『一般社団法人National Clinical Database』(以下、NCD)を立ち上げ、データベース事業を開始することになりました。この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための専門医の適正配置が検討できるだけでなく、最善の医療を提供するための各臨床現場の取り組みを支援することが可能となります。何卒趣旨をご理解の上、ご協力賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
一般社団法人 National Clinical Database 代表理事 里見 進

1.本事業への参加について

本事業への参加は、患者さんの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合は、データ登録を拒否して頂くことができます。なお、登録を拒否されたことで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ございません。

2.データ登録の目的

患者さんに向けたより良い医療を提供する上では、医療の現状を把握することは重要です。NCDでは、体系的に登録された情報に基づいて、医療の質改善に向けた検討を継続的に行います。NCD参加施設は、日本全国の標準的成績と対比をする中で自施設の特徴と課題を把握し、それぞれが改善に向けた取り組みを行います。国内外の多くの事例では、このような臨床現場主導の改善活動を支援することにより、質の向上に大きな成果を上げています。

3.登録される情報の内容

登録される情報は日常の診療で行われている検査や治療の契機となった診断、手術等の各種治療やその方法等となります。これらの情報は、それ自体で患者さん個人を容易に特定することはできないものですが、患者さんに関わる重要な情報ですので厳重に管理いたします。情報の取り扱いや安全管理にあたっては、関連する法令や取り決め(「個人情報保護法」、「疫学研究の倫理指針」、「臨床研究の倫理指針」、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等)を遵守しています。登録されたご自身のデータをご覧になりたい場合は、受診された診療科にお問い合わせ下さい。

4.登録される情報の使われ方

登録される情報は、参加施設の治療成績向上ならびに皆さまの健康の向上に役立てるために、参加施設ならびに各種臨床領域にフィードバックされます。この際に用いられる情報は集計・分析後の統計情報のみとなりますので、患者さん個人を特定可能な形で、NCD がデータを公表することは一切ありません。情報の公開にあたっても、NCD内の委員会で十分議論し、そこで承認を受けた情報のみが公開の対象となります。
お問い合わせについては受診された診療科またはNCD 事務局までご連絡下さい。
National Clinical Database 事務局    
URL: http://www.ncd.or.jp/ 
(お問い合わせはホームページ内のフォームからお願いいたします)

医師紹介

  • 内田 欽也 (うちだ きんや)

    内田 欽也
    診察日 火曜日(午前)、水曜日(午前)、金曜日(午前)
    役職 泌尿器科部長
    主な
    専攻分野
    泌尿器科一般、泌尿器科腫瘍、排尿障害
    所属学会・
    資格等
    日本泌尿器科学会専門医・指導医、日本泌尿器内視鏡学会、日本排尿機能学会、日本癌治療学会、国際禁制学会、欧州泌尿器科学会、身体障害者福祉法15条指定医(ぼうこう直腸機能障害)、日本尿路結石症学会、日本アンドロロジー学会評議員、医学博士(大阪大学)
    略歴 昭和61年3月 和歌山県立医科大学医学部 卒業

    昭和61年7月 医員(研修医)(大阪大学医学部附属病院・泌尿器科)

    昭和62年6月 大阪厚生年金病院 泌尿器科医員(研修医)

    昭和63年7月     同     泌尿器科医員(常勤医)

    平成4年7月 大阪船員保険病院 泌尿器科医員 

    平成7年7月 医員(大阪大学医学部附属病院)泌尿器科 

    平成8年4月 大阪大学医学部助手(泌尿器科学教室)

    平成8年10月 米国ニューヨーク大学医療センター 研究員 

    平成10年4月 大阪大学医学部助手(泌尿器科学教室) 

    平成11年6月 協仁会小松病院 泌尿器科部長 

           大阪大学医学部非常勤講師 

    平成18年1月 協仁会小松病院 副院長 

    平成24年10月 国家公務員共済組合連合会大手前病院 泌尿器科部長 
    ひとこと 親切・丁寧な説明と質の高い診療を提供するよう心がけています。
  • 宮後 直樹 (みやご なおき)

    役職 医員
    所属学会・
    資格等
    日本泌尿器科学会専門医

休診・代診情報

日付 曜日 担当 備考
休診・代診情報はありません。

外来担当表

泌尿器科

午前

地域(第2,4週)
(9:00-11:00 予約制)

-

内田

宮後

内田

宮後

波多野
受付 時間11:00まで

-

内田

宮後

午後

-

検査・処置
(予約制)

検査・処置
(予約制)

-

検査・処置
(予約制)

Access
最寄り駅

大阪メトロ谷町線「天満橋駅」下車
1・3番出口より徒歩約5分

京阪電車「天満橋駅」下車徒歩約5分

JR東西線「大阪城北詰駅」下車徒歩約15分

住所

〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1-5-34

アクセス情報を見る